ANAアメリカン・エキスプレス・カード

最終更新日:2017/12/19
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
100円につき1ポイント=1マイル。ANAカード×アメリカン・エキスプレスのトラベルサービスが受けられるマイレージカード!
「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は、ANAとアメリカン・エキスプレスが提携して発行するクレジットカードで、100円につき1ポイント=1マイルが貯まります。

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」のANAカード内での位置づけは一般カードであり、ANA提携店での各種優待や空港サービス、搭乗ボーナスマイルが貯まるサービス等が受けられます。

またアメリカン・エキスプレスの空港ラウンジサービスやクロークサービス、手荷物無料宅配サービス、海外での相談窓口「グローバル・ホットライン」、各種プロテクション(保険)もついています。

年会費は7,000円(税別)です。
アメリカン・エキスプレスの一般カード(グリーン)は年会費12,000円(税別)なので、本家より安くアメリカン・エキスプレスを持てることになりますね。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント

100円につき1ポイント=1マイルが貯まる

ANAアメリカン・エキスプレス・カードで貯まるポイントは、アメリカン・エキスプレスの「メンバーシップ・リワード」です。100円につき1ポイントが貯まります。

ANA

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、メンバーシップ・リワード1,000ポイントをANAマイル1,000マイルに交換することができます。

ANAへのマイル移行には、「ポイント移行コース」(年間6,000円+税)への登録が必要です。
年間6,000円というのは高いと感じるかもしれませんが、月々500円と考えればそれほどでもありません。

また「ポイント移行コース」登録中は、メンバーシップ・リワード・ポイントの有効期限が無期限になるというメリットがあります(通常は3年)。
※ただし、ポイントの有効期限が無期限になるのは「ポイント移行コース」登録中のみであることには注意してくださいね。

ANA一般カード、ANAワイドカード(VISA、MasterCard)も、1,000円につき1ポイント→10マイルへの移行には同じく6,000円(税別)がかかります。
本家アメリカン・エキスプレス・カード・グリーン(年会費12,000円+税)の場合、ANAへの移行にかかる費用は年間5,000円(税別)となっています。

メンバーシップ・リワードの有効期限に合わせ、3年に1度ANAマイルに移行するという手もあります。

メンバーシップ・リワードの有効期限は3年、ANAマイルの有効期限も3年なので、3年に1回のマイル移行でも合計6年はマイルを保持することができますよ。

必要なときだけマイルに交換すれば、マイル移行にかかる費用はそれだけ少なく済みます。

ANAマイルの特典航空券に必要なマイル数は、こちらの記事にまとめています。

ANAグループ・提携店利用でマイル&ポイントボーナス

ANAアメリカン・エキスプレス・カードをANAグループや提携店で使うと、マイルとポイントがそれぞれボーナスされます。

ANAグループ利用でメンバーシップ・リワードが1.5倍貯まる ※ANAアメリカン・エキスプレス・カードのみ

ANAグループでカードを使うと、メンバーシップ・リワードが1.5倍貯まります(100円につき1ポイント&200円に1ポイント、同時に貯まる)。

メンバーシップ・リワード1.5倍対象になるのは以下の通りです。

  • ANAウェブサイトや案内センター、カウンターでの航空券購入
  • ANA国内線・国際線の機内販売
  • ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANAワンダーアースでの旅行商品(ツアー等)予約・購入
  • ANAショッピングサイト「A-style」での購入

ANAカードマイルプラス加盟店利用で、100円につき1マイルが貯まる ※ANAカード共通

ANAカードの特徴で、ANAカードマイルプラス加盟店でカードを使うと、マイルがクレジットカードのポイントとは別に貯まります。

ANAカードマイルプラス加盟店の例は以下の通りです。(※…200円につき1マイル)

  • ANAのウェブサイトや案内センター、カウンターでの航空券購入
  • ANA国内線・国際線機内販売
  • ANAショッピングサイト「A-style」
  • セブンイレブン※
  • イトーヨーカドー※
  • スターバックスで決済※
  • スターバックスプリペイドカードチャージ
  • 出光サービスステーション※
  • ENEOSサービスステーション
  • セブンネットショッピング

また、ANAアメリカン・エキスプレス・カード(ゴールド含む)限定で、以下のお店(本店のみ)でもマイルが貯まります。

ハロッズ

◎パリのアレクサンドラ・ソジュフェル
◎ロンドンのハロッズ、リバティ、セルフリッジ
◎ソウルのロッテ百貨店
◎シンガポールのシンガポール高島屋※

ANAグループでの利用は、メンバーシップ・リワードボーナス&マイルボーナスで100円につき2.5マイル

上の特徴をまとめると、ANAグループでの航空券購入、機内販売利用、A-style利用では、100円につき1.5ポイント+1マイル=2.5マイルが貯まることになります。

A-styleロゴ

ANAの運営する通信販売A-styleでは、ANAカード会員への割引優待もあります。

※ANAハローツアーやスカイホリデーでのマイルプラスは、2011年3月31日をもって終了となりました。

フライトマイルに10%ボーナス ※ANAカード(一般)共通

ANAグループ便の利用で、通常のフライトマイルに加えて10%、ボーナスマイルがプレゼントされます。

ほかにANAカードの共通特典として、家族カードとマイルを合算できる「ANAカードファミリーマイル」や、特典航空券でない席の予約に使える「ANA SKYコイン」へのマイル交換もできます。

ANAマイルからANA SKYコインへ交換

メンバーシップ・リワードは、共通ポイントやANA以外の15社のマイルに交換することも可能

ANAメンバーシップ・リワードは、ANAマイル以外にも以下の交換先があります。

支払い料金に充当「ポイントフリーダム」
  • オンラインショッピング「アメリカン・エキスプレス SafeKay」:1,000メンバーシップ・リワード→300円
  • 日本旅行利用代金:2,000メンバーシップ・リワード→800円
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード利用代金:3,000メンバーシップ・リワード→1,000円
ギフトカード
  • Amazonギフト券、Apple iTunesギフトコード、全国百貨店共通券、ヨドバシカメラ商品券:3,000メンバーシップ・リワード→1,000円分
  • ローソンギフト券、nanacoギフト、ファミリーマートクーポン:1,500メンバーシップ・リワード→500円分
共通ポイント
  • 楽天スーパーポイント、Tポイント:300メンバーシップ・リワード→100ポイント
アメリカン・エキスプレスの提携する15の航空会社のマイル

ANAを含めた提携航空会社15社のマイレージプログラムに移行できる

世界的な航空連合「アライアンス」

アメリカン・エキスプレスのポイント、メンバーシップ・リワードは、ANAをはじめ15の航空会社のマイルに移行できます

アメリカン・エキスプレス提携航空会社

さらに、各航空会社は、スターアライアンス、ワンワールド、スカイチームといった世界的な航空連合に所属しており、同一アライアンス内では、1航空会社のマイルを使って他の航空会社の特典航空券に交換することも可能です
利用する航空会社の選択肢が広がりますね。

アメリカン・エキスプレスの提携する航空会社をアライアンスごとに分けると以下のようになります。

  • スターアライアンス:(ANA)、スカンジナビア航空、タイ航空 ロイヤルオーキッドプラス、シンガポール航空 クリスフライヤー
  • ワンワールド:ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブ・クラブ、カタール航空 プリヴィレッジクラブ、フィンエアー フィンエアー・プラス
  • スカイチーム:デルタ航空 スカイマイル、アリタリア-イタリア航空 クラブ・ミッレミリア、エールフランスKLM フライング・ブルー、チャイナエアライン ダイナスティ・フライヤー・プログラム
  • その他:アジアマイル、エティハド航空 エティハド ゲスト、エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズ、ヴァージンアトランティック航空 フライングクラブ

ANAの所属しているスターアライアンスには、大手航空会社ユナイテッド航空も所属しています。
シーズンによっては、ユナイテッド航空の特典航空券の方がお得な場合もあるので、比べてみましょう。
ブリティッシュ・エアウェイズの所属しているワンワールドには、JALが所属しています。

このようにANA以外にも、多くの航空会社のマイルと交換できるのがアメリカン・エキスプレス・カードの特徴です。

ただしANAアメリカン・エキスプレス・カードの場合、ANA以外のマイルは、ANAマイル(1,000ポイント→1,000マイル)と違って2,000ポイント→1,000マイルのレートになります

ラウンジサービス、クロークサービス等の空港サービス

またアメリカン・エキスプレスのカードは、空港サービスが充実しているという特徴があります。
ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、年会費7,000円(税別)で以下のサービスを受けられます。

◎空港ラウンジサービス:国内主要28空港+韓国・仁川、ハワイ・ホノルル空港のラウンジを同伴者1名まで無料
◎手荷物無料宅配サービス:成田、中部国際空港、関空でスーツケース1個を無料配送(帰国時)
◎空港クロークサービス:中部国際空港、関空で荷物を2個まで預かり
◎空港パーキング優待:成田、羽田、関空、福岡空港周辺パーキング優待

ちなみにアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)の場合、これにプライオリティ・パスのスタンダード会員資格(国内外1,000ヶ所以上の空港ラウンジを一回27USドルで利用できる)、大型手荷物宅配優待、空港タクシー優待、無料ポーターサービス(空港のチェックインカウンターまで荷物を運んでくれる)などがつきます。

アメリカン・エキスプレスの海外窓口「グローバル・ホットライン」

ANAアメリカン・エキスプレス・カードなどのアメリカン・エキスプレス・カード会員は、海外の窓口「グローバル・ホットライン」を利用することができます。

グローバル・ホットラインは以下の地域に設置されていて、レストラン等の予約だけでなく、緊急時の病院紹介やサポート等にも対応してくれます。
24時間通話料無料もしくはコレクトコールで連絡が可能です。各地域の窓口は以下の通りです。
※…コレクトコールでかける必要のあるもの

〇アメリカ合衆国(ハワイ・アラスカを含む):1-800-766-0106
〇カナダ:1-800-766-0106
〇中南米・カリブ諸島:1-804-673-1670※
〇フランス:0800-90-83-91
〇ドイツ:0800-181-0778
〇イギリス:0800-866-668
〇スペイン:900-99-4447
〇イタリア:800-871-981
〇スイス:0800-55-47-03
〇上記以外のヨーロッパ(旧ソ連邦・アフリカ・中近東):44-20-8840-6461 (イギリスセンター)※

〇オーストラリア:1800-553-155
〇ニュージーランド:0800-44-9348
〇香港:800-96-3013
〇シンガポール:1800-535-2209
〇韓国:00798-651-7032
〇台湾:00801-65-1169
〇上記以外のアジア・オセアニア:65-6535-2209 (シンガポールセンター)※

旅行傷害保険は利用付帯

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの旅行傷害保険は利用付帯(旅行代金や航空券をカードで支払ったときのみ適用)です。
ANAグループでポイントやマイルがよく貯まるので、旅行代金はANAグループで支払うようにするとよいですね。

以下に代表的なステータスカードであるANAダイナースカード、年会費の近いANAワイドカードと各スペックを比較しています。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード比較表

アメリカン・エキスプレスの各種プロテクション

ANAアメリカン・エキスプレス・カードには、安全にカード利用できるよう各種プロテクション(保険)が付帯しています。

  • 不正プロテクション:不正使用モニタリング&不正使用された場合を補償
  • オンライン・プロテクション:第三者による不正使用を補償
  • ショッピング・プロテクション:カードで購入した商品の破損・盗難について、購入日から90日間、年間200万円まで補償(自己負担額1万円)
  • カード紛失・盗難時の無料再発行

入会キャンペーンで合計30,000マイル(=カード利用額300万円相当)を獲得可能

2018年4月2日入会までのキャンペーンで、最高30,000マイルが獲得できます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード入会キャンペーン

入会キャンペーン30,000マイルの内訳は、

入会:1,000マイル

入会後3ヶ月間で5回カード利用:1,000ポイント(=1,000マイル)

入会後3ヶ月間で30万円利用:5,000ポイント(=5,000マイル)

入会後3ヶ月間で50万円利用:18,000ポイント(=18,000マイル)

50万円利用分の通常獲得ポイント:5,000ポイント(=5,000マイル)

となっています。

入会後3ヶ月以内にカードを5回以上、50万円利用すれば、通常獲得ポイントに加えて、カードを250万円利用した場合と同じだけのポイント(マイル)が獲得できるということです。

ANAマイル30,000マイルがあれば、日本から韓国(Zone2)、中国や台湾、フィリピン(Zone3)、シンガポールやタイ、ベトナム等の東南アジア(Zone4)へのANAの往復特典航空券が取れてしまいます。

ANAマイル30,000マイルをユナイテッド航空国内線の特典航空券に交換すれば、片道5,000マイルで計3回、日本国内を旅行することもできますね。

また毎年のカード継続時にも1,000マイルがプレゼントされます。JALカードの場合は毎年最初のフライト時にしかマイルが貯まらないので、ANAカードの条件なしにもらえるマイルは嬉しいですね。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

カード名 ANAアメリカン・エキスプレス・カード
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポートなど本人を確認・証明できるもの
申込資格 20歳以上、定職がある方
ポイント付与率 100円=1ポイント 入会金 無料
年会費 7,000円+消費税 提携カード アメリカン・エキスプレス・カード
発行時間 最短10営業日 担保
保証人 限度額 個別に設定
支払い方式 一括払い・分割払い・リボ払い・ボーナス一括払い・ボーナス2回払い 分割払い
(年率)
リボ払い
(年率)
キャッシング
(年率)
14.9%
金融機関名 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc. 住所・所在地 東京都杉並区荻窪4-30-16

ポイントサービス

サービス名称 ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード
有効期限 3年間/「ポイント移行コース」(移行手数料6,000円+税/年)登録期間中は無期限
ポイント付与 100円毎に1ポイント
ポイント
レート
マイル換算 1,000ポイント→1,000マイル (1,000円=10マイル)
ポイント
還元率の目安
1.25%~

海外・国内旅行傷害保険
ショッピング保険

付帯条件 利用付帯
海外旅行保険 傷害死亡・後遺傷害 最高3,000万円
傷害・疾病治療費用 最高100万円
賠償責任 最高3,000万円
救援者費用 最高200万円
携行品損害 最高30万円(免責3,000円、年間 最高100万円)
国内旅行保険 死亡・後遺障害 最高2,000万円
ショッピング保険 最高200万円/90日間(自己負担額10,000円)