クレ家をフォロー
HOME > クレジットカードおすすめ比較 > ポイントが貯まるおすすめのクレジットカードと、ポイント活用術

ポイントが貯まるおすすめのクレジットカードと、ポイント活用術

最終更新日:2017/09/22

piggy-bank-621068_1280
クレジットカードのサービスの一つにポイントサービスがあります。

カードショッピングを利用すると利用金額に応じてポイントが付与されます。貯まったポイントは商品交換やキャッシュバック、ほかのポイントやマイルに移行することができます。これは現金払いで買い物することでは得られない大きなメリットです。

同じ買い物をするのであれば、現金で支払うよりもポイントが貯まるカード払いがお得です。

クレジットカードでは手数料がかかるのでかえって損だと思う人もいるかもしれませんが、手数料のかからない1回払いを利用してもポイントは貯まります。

クレジットカード会社側からすると、会員が手数料の発生しない1回払いばかりを利用すると利益こそ少なくなりますが、カード利用率が高くなるのは歓迎すべきことでしょう。

ポイントを効率よく貯めるために、正しい知識を身につけてお得なクレジットカードを選びましょう。

ポイント還元率とは?

クレジットカード利用で貯まる1ポイントの価値というのは、クレジットカードによって異なります。

100円の利用につき1ポイント付与され、1ポイント1円として利用できれば、ポイント還元率は1%です。Tポイントや楽天スーパーポイントはこのかたちのポイントプログラムとなっています。

例えば、100円で10ポイント付与されるクレジットカードがあったとして、ポイントの付与だけを考えると100円につき1ポイント付与されるクレジットカードの10倍付与されることになりお得な気がします。しかし、ポイントを還元するときに10ポイントで1円分にしかならなければ、還元率は同じ1%なのです。

「ポイント還元率」とは、クレジットカードのポイントの価値を同じレベルで比較するためにあります。

銀行系クレジットカードや一般的なクレジットカードの基本的な還元率は0.5%です。
還元率を覚えておけば、年間50万円利用すれば0.5%をかけることで2,500円分還元されるということがわかります。

クレジットカードのポイントはどれくらい貯まるのか

「クレジットカードのポイントがどれくらい貯まるか」を比率で表示したものが「ポイント還元率」です。

たとえば、1,000円のショッピング利用で1ポイント付与され、200ポイント貯まると1,000円相当の商品に交換することができるクレジットカードがあったとします。

つまり、20万円利用すると還元額は1,000円となるので、ポイント還元率は0.5%です。
一般的なクレジットカードは、還元率0.5%が平均です。

一般的なクレジットカードと比較して「ポイント高還元カード」と呼ばれるカードは、1%~1.5%の還元率を誇ります。

比較すると高還元率カードを持つほうが断然お得に感じますが、クレジットカードのポイントサービスは、やり方しだいで還元率を倍増し、よりはやくポイントを貯めることができます。

大手スーパーマーケットが発行しているクレジットカードであれば、スーパーマーケットでポイントが倍増したり、車に頻繁に乗る方であれば、クレジットカード紐付けのETCカードで有料道路利用でもポイントが貯まるクレジットカードや、ガソリン給油でポイントが2倍になるクレジットカードもあります。

ほかにも、ポイントをより早く貯めるには以下のようなやり方があります。

ポイントを早く貯める方法
  • 家族カードを利用して、一人ではなく家族でポイントを貯める
  • 電子マネーをクレジットカードからチャージしてポイントを貯める
  • リボ払い専用カードは、ポイント還元率が高く設定されていることが多いので、リボ払い専用カードを利用してお得に貯める
  • 特定のコンビニエンスストアや店舗で利用すると還元率がアップするカードを利用する
  • 入会キャンペーンなど、ポイントがもらえる特典キャンペーンを利用してボーナスポイントを獲得する

最初から高還元カードを持てば、利用するシーンを選ばずお得になる

最初からポイント還元率が1%以上のクレジットカードは、シーンを選ばずにポイントがどんどん貯まります。

何も考えずに普通に利用している時と比べてポイントが2倍になるサービスを活用するだけで、同じ買い物でも2倍のポイント貯まります。

おすすめの高還元率カード

クレジットカード業界では一時ポイントの還元率競争となっていた時期がありました。

オリコカードでは2005年頃、「オキテ破りの倍率」といったテレビCMのうたい文句もあったくらいです。
怪獣を相手にウルトラマンのようなヒーローが、「オキテ破りの倍率」で怪獣よりも大きくなるというコミカルなCMでした。
しかし、さすがに還元率を引き上げることは、クレジットカード会社にとっても自らの首を絞めることになります。最終的に現在ではオリコカードの通常還元率は0.5%で高還元率時でも1%程度に落ち着いています。

ただそんな中でも還元率が高く、メリットのあるクレジットカードはまだあるのでご紹介します。

楽天カード

高還元率のクレジットカードとしては、楽天カードが有名です。
楽天市場で楽天カードを使って買い物をすると、共通ポイントである楽天スーパーポイントが貯まります。


年会費:永年無料

★楽天系列のサービスを利用する人には、本当にお得!常時開催されるキャンペーンでポイント10倍・20倍もあり。

楽天市場では現金や楽天カード以外のクレジットカードで支払いしても、1%のポイントが付きます。楽天カードを利用すれば、楽天カード自体の還元率1%が加算され、ポイント還元率は2%になります。

楽天市場で還元率1.5%の他社カードを利用すると合計還元率2.5%となり、楽天カードよりもお得な気がしますが、他社カードで付与されるのは楽天スーパーポイント1%とクレジットカードのポイント1.5%に分けられるので、貯まったポイントの使いやすさでいえば楽天カードのほうが便利です。

さらに楽天カードは入会キャンペーンで5,000円相当のポイントがもらえたり、もらえるポイントが2倍以上になったりするキャンペーンが常時行われていて、還元率にすれば2%以上のお得な特典があります。
楽天市場をよく利用する人にはおすすめの最強カードです。

REXカード

もう一つおすすめできる高還元率カードはカカクコムとジャックスの提携カード「REX CARD(レックスカード)」です。

おすすめできる理由は1.5%の還元率が常に受けられるということと、ポイントの還元がJデポであるという点です。

Jデポとはジャックスのポイント還元方法で、クレジットカードの請求金額からポイント分が割引になる還元方法です。例えばポイントを2,500円分のJデポ に交換すると、クレジットカードの利用代金請求時に、2,500円割引になった金額が請求されます。

これを楽天市場で利用すると、割引された2,500円に対しても1%の楽天スーパーポイントが付与されるので若干お得になります。

利用した店舗にポイントサービスがあれば、楽天市場でなくてもOKです。

REXカードの注意点はカードの年会費が高いという点です。
初年度は無料ですが次年度は税別2500円と高額な年会費になります。救済措置として年間利用額が50万円を超えると、次年度の年会費無料というサービスがあります。

50万円を12ヵ月で割った金額、平均月4.2万円であれば、REXカードをメインカードとして利用すれば、それほど無理な金額ではありません。
ポイントを効率よく貯めたいという人にはおすすめのクレジットカードです。

また、リボ払いの場合は還元率が2%になりますが、その分手数料負担も大きくなるのであまりおすすめできません。

同じREXカードでも、REX CARD Lite(レックスカード ライト)なら、年会費は永年無料です。ただしポイント還元率は1.25%になります。


年会費:無料

★年会費永年無料、ETCカード発行も無料で、ポイント還元率は驚きの1.25%とお得なクレジットカード。

なお「漢方スタイルクラブカード」も同じジャックスから発行されていて、還元率もJデポが使える点もREX CARDと仕様は同じです。

以前は基本還元率1.75%でしたが、引き下げられて1.5%になりました。年会費は1,500円とREXカードよりも低めですが、次年度無料になるサービスはありません。

年間50万円も使えないという人にはおすすめです。10万円の利用で年会費分は還元されます。年間カード利用30万円くらいの人には、メリットがあるでしょう。

ライフカード

ライフカードもポイントの還元には定評があるクレジットカードです。


年会費:永年無料

★お誕生月のポイント還元率が通常時の5倍の2.5%ととにかくお得!年会費無料だから持っていて損のない1枚!

一時期ほどのメリットはなくなりましたが、海外旅行傷害保険を付帯しなければ年会費無料でポイントを貯めることができます。最大のメリットは誕生月にポイントが5倍になる点とポイントの有効期限が最長5年という点です。

基本的なポイント還元率は一般的ですが、誕生月に買い物を集中させることで還元率を高めることができる短期集中型の高還元率カードです。

リクルートカード

ポイント還元率が常時1.2%のリクルートカードもおすすめです。

じゃらんやポンパレモール、HOT PEPPER(ホットペッパー)などリクルート系列サービスの利用でポイント還元率が最大4.2%までアップし、貯まったリクルートポイントは1ポイント=1円として利用できます。


年会費:無料

★ポイント還元率1.2%で年会費無料!お得さを追求したクレジットカードはリクルート系列での利用でポイント還元率がさらにUP!

さらに、リクルートポイントは共通ポイントであるPontaポイントと交換できるのが大きなメリットです。共通ポイント・Pontaポイントはローソンをはじめとして昭和シェル石油、ケンタッキーフライドチキンやゲオなど全国10万店舗以上の加盟店で利用できる共通ポイントですから、使い道も多くお得です。

共通ポイントが貯まるクレジットカードなら、ポイントを貯める&使える機会が増える!

リクルートカードで貯まるポイントがPontaポイントに交換可能なように、近年「共通ポイント」とクレジットカードで貯まるポイントの相互交換が進んでいます。

高還元カード名 ポイント還元率 共通ポイント名 その他ポイントが貯まるクレジットカード
楽天カード 1% 楽天スーパーポイント 楽天プレミアムカード、楽天PINKカード
リクルートカード 1.2% Pontaポイント JMBローソンPontaカードVISA
Yahoo! JAPANカード 1% Tポイント ファミマTカードTカードプラス
イオンカード 0.5% ※WAONポイント

高還元率カードを持つことは、果たしてお得なのか

高還元率カードについて見てきましたが、高還元率クレジットカードを持つことは、果たして本当にお得なのでしょうか。

年会費無料のクレジットカードであれば、維持費をかけずにそのクレジットカードで支払うことでより高いポイントが獲得できるので、「より多くのポイントを獲得する」という面からすればお得だといえます。

しかし、クレジットカードにポイント高還元というスペックにほかは何も見ずに飛びつくのではなく、いくつか条件を比較・検討して自分にとって最高の1枚を見仕えるようにしましょう。

貯まったポイントの使い道――何に交換するのがお得?

貯まったポイントは商品に交換したり、1ポイントあたりいくらというかたちでお金に還元したり、キャッシュバック(現金還元)というかたちで利用したりすることができます。

ここで意識したいのが、「よりお得な交換を選ぶ」ということです。

ポイントの交換先として、食品や雑貨、家電などのほか、商品券やギフト券(Amazonギフト券など)、キャッシュバックなどもありますが、どの交換が還元率的に一番お得かはクレジットカードによって異なるため一概には言えません。

クレジットカード会社の用意している交換できる商品のラインナップに欲しいと思えるものがなかったり、そのときどきの状況において欲しいものは変わったりするでしょうから、商品券やギフト券など、後々自由に使える金券と交換して、自分の必要なときに欲しいものを買う方法がおすすめです。

商品券やギフト券であれば、利用できる場所も多いからです。
また、共通ポイントに交換してオンラインショップをはじめとする加盟店舗で利用する方法も便利です。

マイルに交換するのもやり方のひとつ

商品交換やキャッシュバック以外にもポイントの使い道はあります。ANAマイルやJALマイルに交換する方法です。

海外旅行の多い人や、航空機の利用が多い人にはおすすめの交換方法ですが、一般的なクレジットカードではマイル還元率は低く1ポイントで3マイルといった交換率が標準です。より多くのマイルを貯めたいと思ったら、JALカードANAカードといったクレジット機能付きのマイレージカードがおすすめです。

貯まったポイントの有効期限

ポイントを貯めるときには還元率だけではなく、ポイントの有効期限にも注意する必要があります。一般的にはポイント有効期限は2~3年(はやいものは1年)ですが、ライフカードのように有効期限が5年というクレジットカードもあります。


年会費:永年無料

★ポイントの有効期限が長いだけじゃない!年会費無料、誕生月はポイントが5倍もらえる、ポイントがお得なクレジットカード。

また、セゾンカードをはじめとするクレディセゾンの発行するクレジットカードで貯められるポイントは永久不滅ポイントと呼ばれていて、有効期限自体ありません。


年会費:AMEX:¥1050、初年度年会費無料。
2年目以降、年1回以上の利用で年会費無料
その他:永久無料

永久不滅ポイント、その名のとおり、一度貯めたら永遠にポイントは消えないので、自分のペースでじっくりポイントが貯められる。

ポイントの管理が面倒という人は初めから有効期限がないクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

また、楽天カードでは楽天スーパーポイントが貯まりますが、最新のポイントが付いた時から1年間有効です。

つまりポイントを貯め続けている限り、半永久的にポイント有効期限が延長されるので、実質的に有効期限のないポイントということができます。


年会費:永年無料

★元祖高還元率カード。楽天系列での利用でポイントがお得に貯まる&実質ポイントの有効期限はナシ!

初年度年会費無料カードなどでポイントの還元率や使いやすさを試してみるのもひとつの手

クレジットカードのなかにはJCB一般カードのように、通常であれば1,250円(税抜)の年会費が発生しますが初年度年会費無料というかたちをとるカードもあります。

まずは利用してみて、ポイント還元やポイントの使いやすさを試してみるのもひとつの手です。

JCB一般カードの場合、オンラインによる利用明細案内であるMyJチェックに登録して年間50万円(税込)以上利用すれば、翌年度の年会費も無料になります。

携帯電話料金支払いでお得にポイントが貯まるクレジットカードもある

コモが発行しているdカードは、ドコモと契約しているドコモユーザーにとっては朗報なサービスを展開しています。

「dポイントクラブ」と呼ばれる無料の会員サービスに登録すれば、毎月の携帯電話利用金額に応じて、dポイントと呼ばれるドコモのポイントが貯まります。

dカードGOLDなら、毎月の携帯電話利用料金、もしくはドコモ光利用金額に応じて10%のポイント還元が受けられますし、dポイントはPontaポイントと相互交換が可能です。

クレジットカード発行会社が運営するサービスを利用すれば、ポイント還元率がアップ

ネットショッピングをする方であれば、冒頭でも述べたようにクレジットカード発行会社が運営するオンラインモール(ポイントアップモール)を経由してお買い物をすると、ポイントが2倍から最大20倍ほどにまでアップするポイントUPモール(三井住友VISAカード)、オリコモール(オリコカード)、OkiDokiランド(JCBカード)や、自社のサービスを利用することでポイント還元率が高くなるリクルートカード楽天カードなどもおすすめです。

Amazon利用では、Amazon公式カード(Amazonカード)より高い還元率でポイントがつくREX CARDがあります。

また、リボ払い専用カードなら、リボ払い手数料の回収を見込んでよりお得なポイント還元率が提示されている場合もあります。

DCカードJizile(ジザイル)はリボ払い専用カードですが、通常の3倍のポイントが貯まります。三菱UFJニコスが運営するオンラインモール「POINT名人.com」を経由してお買い物すると最大で25倍のポイント還元になり、お得です。

オンラインモールとクレジットカードの活用法については、こちらの記事で詳しく書きました。

デビットカード利用でポイントは貯まる?

各銀行が発行しているデビットカードは、クレジットカード同様、銀行口座と紐づいており、キャッシュレスで買い物ができます。

クレジットカードとの大きな違いは、利用すると銀行口座より即時に金額が引き落とされるしくみになっていることで、預金残高を超える支払いは不可能になるため、無駄使いを防止できます。

ポイントを貯めることは可能ですが、還元率はクレジットカードほど高くない場合がほとんどです。

楽天銀行の発行するデビットカード(JCB)なら、利用金額1,000円につき10ポイント、100円につき1円(ポイント還元率1%)の楽天スーパーポイントが貯まりますが、楽天銀行デビットカード(VISA)なら1,000円につき2ポイント、ポイント還元率は0.2%です。

まとめ:クレジットカードの使い方次第でポイントはお得に貯まる

クレジットカードのポイントは使い方しだいで基本の還元率を上回ることができます。

ポイントの還元方法も様々で、商品交換だけではなく、キャッシュバック、マイルへの移行、カード請求金の割引といった活用方法があり、節約にもつながります。

今回はサービス内容は充実していても年会費が高額なゴールドカードやプラチナカードではなく、一般カードを利用する前提でご紹介しました。

今クレジットカードを利用している人は自分のクレジットカードのポイントサービスを見直してみましょう。もっと効率的に活用できるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめカード3選

楽天カード

楽天カード
【とにかくお得!】ポイントが常に1%還元、楽天市場利用で2%!元祖高還元率カードといえば、このカード

楽天グループでのネットショッピングでポイント2倍!ポイントがどんどん貯まるのを実感できる!

獲得したポイントは、楽天のサービス内で1ポイント=1円として自由に利用可能!

貯まったポイントが使える場所が、ネットのみならずリアル店舗にもどんどん進出中!

ポイントがどんどん貯まる、元祖高還元率カードといえば、楽天カードです。
普段のショッピングや海外での楽天カード利用で、ポイント還元率は1%。還元率0.… 続きを読む »

ライフカード

ライフカード
誕生月にはポイント5倍!年会費も無料で持っていて損はない1枚

【ポイントUPマジックその1】誕生日のある月はポイント5倍!脅威のポイント還元率

【ポイントUPマジックその2】新規入会後1年間と年間50万円以上の利用でポイント還元率1.5倍!

年間50万円以上の利用で、1,500円相当のボーナスポイントがもらえる!

ライフカードを語るうえではずせないのが、なんといってもそのポイントプログラム。

通常時のポイント還元率は0.5%と決して高還元カードではあ… 続きを読む »

REX CARD Lite(レックスカード ライト)

REX CARD Lite(レックスカード ライト)
年会費無料、ただポイント高還元だけではない、お得なクレジットカード

年会費永年無料。ETCカード発行も無料、家族カードは最大3枚まで無料

ETCカードの発行手数料は無料。さらにポイントが貯められる

貯まったポイントは2,500ポイントからJデポに交換すると請求から自動値引き

JACCS(ジャックス)と価格コムが提携して発行しているのが、このREX CARD Lite(レックスカード ライト)です。

カード利用で… 続きを読む »