クレ家をフォロー
HOME > クレジットカードおすすめ比較 > 家賃はクレジットカード払いできる?家賃支払いでお得になるクレジットカード

家賃はクレジットカード払いできる?家賃支払いでお得になるクレジットカード

最終更新日:2016/07/28

home-1438305_1280
毎月の支出の大きな割合を占めるのが、家賃。賃貸物件に住んで毎月の賃貸費用を支払っている方、「どうせ同じように支払うのなら、何とか節約できたりお得になったりしないものか…」と考えている方も多いのではないでしょうか。

もし支払い方法が選べるなら、ポイントが貯まるクレジットカードで家賃支払いができれば、家賃分のポイントが貯まるのでお得です。

家賃のクレジットカード決済は難しかった

レオパレス21が2016年5月に実施した「ひとり暮らしと住み替えに関する実態調査」によれば、全国のひとり暮らしをしている未婚の社会人600名に調査したところ、平均して月収の29.2%を家賃として支払っているとのこと(レオパレス21調べ)。

家賃平均額は72,264円で、1年間となると、×12ヵ月分支払うわけなので、バカにならない金額です。

仮に家賃が月額7万円と仮定すると、1年間に支払う金額は84万円、もしクレジット払いが可能で、ポイント還元率1%のクレジットカードで支払うと、たったそれだけで8,400円が手元に入るというメリットがあります。

しかし、家賃のクレジットカード払いに対応している不動産会社は、今のところそう多くはありません。

クレジットカード払いに対応させようとしたときに、不動産会社はクレジットカード会社に加盟店手数料を支払う必要があります。何も銀行口座への口座振替や現金支払いで済むのであれば、何もクレジットカード払いにわざわざ手数料を支払って対応させる必要もありません。

また、物件ごとにオーナーも異なるので、一律クレジットカード払い対応可能となるとなかなか難しいという現状がありました。

大手の不動産会社が徐々にクレジットカード払いに対応し出した

1385169_663655720334240_1955396932_n

お部屋探しサイト「いい部屋ネット」を運営している大東建託は、グループ会社が管理運営する賃貸住宅での入居時費用の支払いのクレジットカード払い対応を開始しました。

新しい部屋に入居するとなると、敷金や礼金をはじめ仲介手数料、前家賃の支払い…と、多額の現金が必要になります。

クレジットカード払いOKになれば、そんなわずらわしさから解放され、毎月家賃を支払う手間も発生しなくなります。
いったんカード情報を登録してしまえば、入居時費用はもちろん月々の家賃、退去時までクレジットカード1枚で事足りるようです。

「いい部屋ネット」のサイトから、「クレジットカード対象物件特集」を閲覧することができます。

daito

VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブに対応しており、入居時費用の分割払い・リボルビング払いにも対応しています。

住友林業レジデンシャルの管理物件でも入居時費用のクレジットカード決済が可能

logo410

住友林業レジデンシャルの全国の管理物件でも、入居時費用のクレジットカード決済が可能です。

住友林業レジデンシャルのオフィシャルホームぺージによると、クレジットカード払い対象となる費用は、以下の5つです。

住友林業レジデンシャルの管理物件でクレジットカード払い対象となる費用
  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 前家賃(当月の残り日数文の日割り家賃+翌月分)
  • 家賃債務保証料等(※使用する保証会社によって、クレジットカード決済対象外となる場合もアリ)

たとえば、家賃が1ヵ月7万円、敷金・礼金・手数料が各1ヵ月分の物件だった場合、前家賃も含めると最低でも初期費用として28万円を支払う必要があります。

現金払いだと、支払っても何も残りません。しかし初期費用だけでもクレジットカード払いできれば、それだけでポイントが貯まります

たとえば年会費無料・ポイント還元率が常時1%の楽天カードでこの初期費用を支払うと、それだけで2,800円相当のポイントが貯まります。現金支払いよりもずっとお得ですね。

支払いは分割払い・リボ払いにも対応しており、国際ブランドはVISAとMasterCardが対応しています。

アパマンショップでは、カードで家賃支払い物件検索可能

apaman

株式会社アパマンショップホールディングスが運営する賃貸住宅情報サイト・アパマンショップでは、賃貸物件検索のこだわり条件に「カードで家賃物件」という条件があります。

ここを見れば、クレジットカード払いに対応している部屋をみることができます。

MASTの賃貸住宅に住むなら、SEKIWA CARD(セキワカード)

mast-img1

積水ハウスグループのなかの不動産部門である積和不動産グループが管理するMASTの賃貸住宅に入居する方には、積和不動産とオリコカードの提携カードであるSEKIWA CARD(セキワカード)がおすすめです。

「お部屋探しマスト」のCMでお馴染みですよね。

このクレジットカードを1枚作ると、入居時の連帯保証人が無料、家賃も口座引き落としで手間がかからず、もちろんポイントも貯まります

ただし、利用にあたって賃料等の1.0%の手数料がかかる点だけ注意しましょう。

家賃のクレジットカード払いで共通ポイントが貯まる不動産も増えてきた

アパマンショップでは、Pontaポイントが貯まる

ponta

さきほどもお伝えした、クレジットカード払いの物件検索ができるアパマンショップ。

アパマンショップのPonta導入店舗では、アパマンショップ来店や物件の成約、家賃ポイントなどで共通ポイント・Pontaポイントが貯まります。

アパマンショップのPontaポイントプレゼント条件
  • アパマンショップへ新規来店で10ポイントプレゼント!
  • アパマンショップで賃貸物件を成約した際、仲介手数料の1%のPontaポイントをプレゼント!
  • 「アパマンPonta部屋」なら、月額家賃ポイントとして毎月Pontaポイントをプレゼント!

家賃支払いでTポイントが貯まる「アプラス家賃サービス」

tpoint

クレジットカード払いではありませんが、家賃支払いで共通ポイント・Tポイントを貯めたいなら、新生銀行グループアプラスが運営するTポイント付き アプラス家賃サービスがおすすめです。

アプラスの提供する家賃サービスを利用して賃貸借契約をした場合、家賃等をアプラスが代わりに立て替えてくれるシステムです。

立て替えてもらった家賃等をアプラスの口座振替で支払うと、Tポイントが貯まります。

家賃等立替賃借費用合計金200円ごとTポイント1ポイントが貯まります。

サービス取り扱い不動産管理会社は、オフィシャルページより確認できます。
指定の対象物件でのみTポイントが貯まります。不動産管理会社がサービス自体を取り扱っていても、物件によってはサービス対象とならないこともあるので、注意が必要です。

※Tポイント付き アプラス家賃サービス

家賃のクレジットカード払いが可能なら、高還元クレジットカードを選ぶべし

家賃のクレジットカード払いができる物件を見つけたら、当然ですが手持ちカードのなかの高還元クレジットカードで支払うようにしましょう。

固定費として毎月かかってくるものですから、高還元カード払いでさらに高いポイントがもらえればそれだけお得なのは間違いありません。

クレジットカードのなかには、年間の利用額に応じステージが決定し、翌年のポイント還元率がアップするものがあります。
たとえば年会費無料のライフカードは、年間利用額に応じて翌年のポイント倍率が変わります

年会費:永年無料

★利用額によって翌年度のポイント還元率が変化!家賃の支払いで確実にポイント還元率UPが目指せる!

通常のポイント還元率は0.5%ですが、年間50万円以上利用するとポイント還元率は1.5倍の0.75%、150万円以上の利用で2倍の1.0%までポイントUPします。

さらに、年間50万円以上の利用1,500円相当のポイントがもらえるスペシャルボーナス、誕生月はポイント還元率が5倍の2.5%とお得です。
家賃が41,667円以上であれば、×12ヵ月分で50万円を超えるので、スペシャルボーナスは確実にもらえる&ポイント還元率もUPするのは確実です。

また、Tポイントを貯めている方ならTポイントが高還元で貯められるYahoo! JAPANカード(通称YJカード)、Pontaポイントを貯めたい方ならリクルートカード、楽天スーパーポイントを貯めたい方なら楽天カードで支払うようにしましょう。

マイルを貯めたい方は、ANAカードJALカードで家賃の支払いができるとマイルがどんどん貯まりラッキーです。

家賃も、公共料金も…クレジットカードを上手に利用して、生活費を節約する

クレジットカード決済でお得になるのは、何も家賃だけではありません。電気料金や水道代をクレジットカード払いにすれば、生活費の節約になります。

ひとつひとつは小額でも、月々の支払いとなると、その費用は大きくなります。クレジットカード払いができれば、ポイントもそれだけ貯まってお得です。

この機会にぜひ、月々の固定費でクレジットカード払いにするとお得になるものがないか、見直してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加