クレジットカードの限度額(利用限度額)と、限度額を気にする方におすすめのカード

最終更新日:2017/09/22
business-163464_1280
クレジットカードではショッピングやキャッシングの利用ができますが、使える金額は「利用限度額」の範囲内になります。この利用限度額はクレジットカードの種類によって決められています。つまり同じクレジットカード会社から発行されているカードでも、利用限度額の範囲はそれぞれ違っているのです。

まずクレジットカードによって利用限度額の範囲があります。また法律で決められた利用限度枠もあります。さらにその範囲内でカード会員の支払い能力に合わせた利用限度額が決められるのです。

ここではクレジットカードの利用限度額について学んでいきましょう。

クレジットカードの利用限度額はそのどのように決められるか

クレジットカードの利用限度額は新規のカード申込があった時、審査によって最初の利用限度額が決定します。利用限度額が決まる過程について学んでいきましょう。

クレジットカードの種類で決められている利用限度額

クレジットカード会社のホームページで申し込みをしたいクレジットカードの内容を調べると、必ず利用限度額の範囲が記載されています。10万円~100万円といった幅広い範囲の利用限度額がほとんどですが、この上限を超えてクレジットカードが発行されることはありません。

また利用限度額はキャッシング枠とショッピング枠の限度額がそれぞれ決められています。キャッシングの場合は0~100万円といった表記になっているので、申込時にキャッシングを利用しない・したくないのであれば、キャッシング枠をゼロで申込・申請するとショッピング枠だけのクレジットカードとなります。

最低の利用限度額が高いほど審査基準も高くなることを意味するので、なるべく10万円の最低利用額のクレジットカードを選ぶようにすると、審査は通りやすくなります。
キャッシング利用枠をゼロにするとさらに良いでしょう。

法律で決められている利用限度額

キャッシングの利用枠は貸金業法(かしきんぎょうほう)、ショッピングの利用枠は割賦販売法(かっぷはんばいほう)によって規制されています。

貸金業法では年収の1/3までの貸し付け額に制限がされているので、場合によっては所得証明などで年収を証明する必要があります。

割賦販売法では自己申告の年収を基準にして、リボ払いや分割払いの利用枠が計算されます。そのため所得証明を求められることはありません

貸金業法ではクレジットカードを申込したカード会社だけではなく、すべての融資残高、カードローン枠の合計が年収の1/3以内であるかチェックされますすでに1/3に達していればキャッシング利用枠はゼロとなります。

割賦販売法では他社のクレジットカード利用枠、クレジット残高も含めて法律で決められた計算が行われます。
そのためすでに持っているクレジットカードも新規申し込みに影響するので、使っていないクレジットカードは気づいたときに解約をするようにしましょう。

キャッシングを利用しないのであれば、貸金業法の規制は関係ありませんが、割賦販売法の規制は必ず影響があります。

リボ払いと分割払いの利用枠の計算は新規カード発行時と、増枠の申請時(後で解説)、クレジットカード更新時に行われます。そのためクレジットカードを作った後でも利用限度額が変更されることもあります。

最終的に利用限度額を決める

クレジットカードによって決められている利用限度額の範囲内、さらに法律で規制されている利用限度額も考慮したうえで、申込者の返済能力や信用力、利用実績によって最終的な利用限度額が決定します。同じクレジットカードを申し込んでも、それぞれ個人の年収などで大きく利用額は違ってくるのです。

審査に不安を感じている場合は、なるべく最低利用額が10万円のクレジットカードを選んだほうが無難です。
基本的に30万円の利用枠で発行されるクレジットカードであっても、返済能力の弱さ、収入の不安定さが原因で減額され10万円で発行されるということはよくあります。なるべく下限金額が低いほうが審査は通過しやすくなります。

クレジットカードの利用限度額を上げる方法(増枠)

一時的な増枠

海外旅行に行くのでショッピング利用枠を増やしたいというときには、一時的に増枠の申請をすることができます。

出発前に申請をして承認されると、帰国後には利用枠は元に戻ります
支払いは1回払いに限られ、増枠の目安も既存の利用枠の2倍となります。

恒久的な増枠

一時的ではなく申請承認後ずっと増枠が維持されるのが一般的な増枠申請です。このときにも割賦販売法で決められた計算によって利用枠が制限の範囲内であるかどうかのチェックが行われます。

すでに制限を超えている場合、せっかく増枠申請したのに減額されてしまうという可能性もあります。

プレミアムカードには利用限度額がないって本当?

一部のクレジットカード会社ではプレミアムカードと呼ばれている富裕層向けのクレジットカードがあります。一般カードはもちろんゴールドカードやプラチナカードと比べてもケタ違いの年会費の高さと質の高いサービスがあるクレジットカードです。

有名なプレミアムカードにはアメリカン・エキスプレスの「センチュリオン」、ダイナースクラブの「プレミアムカード」です。黒い色が基調となったデザインなので通称「ブラックカード」とも呼ばれています。

money-434709_1280

これらのプレミアムカードでは「家が買える、戦車も買える」といったうわさがあり、利用限度額も無制限と言われています。しかし、実際には利用限度枠のないクレジットカードはありません。

他社のクレジットカードのように一律に利用限度枠が決められているわけではなく、カード会員の返済能力によって個別に決められているという意味です。

カード会員個別に決められるといっても、プレミアムカードが持てるくらいの人の収入は一般的なサラリーマンと比べるとケタ違いになるでしょう。結果としてクレジットカード利用限度額も通常のクレジットカードに比べるケタ違いになり、庶民感覚からは無制限に近いものになるという意味で、「無制限」などと表現されることもあるようです。

ちなみにプレミアムカードを持っている方のカード利用金額を想像すると、とんでもないポイントが付くので細かいポイント還元率を気にすることがばかばかしくなってしまいます。そもそもこうした富裕層はポイント還元にあまり興味がないかもしれません。

利用限度額で見るおすすめのクレジットカード

クレジットカードの利用枠が10万円からになっている、比較的入会しやすく、ポイント還元率も高いおすすめのクレジットカードをご紹介します。

ライフカード

カード総利用枠 10万円~200万円
カード年会費 永年無料(海外旅行傷害保険付きは1,250円)
ポイント還元率 基本0.5%。誕生月はポイント5倍、年間利用額に応じて還元率アップあり。
カードブランド(国際ブランド) JCB、VISA、マスターカード

ライフカードは年会費無料で誕生月にはポイント5倍という短期集中型のポイントサービスがあります。学生カードには海外利用の5%キャッシュバック制度もあり学生にもおすすめです。


年会費:永年無料

★誕生月はポイント5倍!年会費も永年無料だから、持ちやすくおすすめの1枚。

楽天カード

カード総利用枠 5万円~100万円
カード年会費 永年無料
ポイント還元率 1%、楽天市場利用で付くショッピングポイントを加えて合計2%の還元率
カードブランド(国際ブランド) JCB、VISA、マスターカード


年会費:永年無料

★常時1%還元のお得なクレジットカード。年会費永年無料、使い勝手がよく老若男女問わず人気のカード。

楽天カードの利用枠は5万円からとなっているのでフリーターでもクレジットカードが持てる可能性が高くなっています。もちろん楽天市場のヘビーユーザーほど楽天カードは欠かせないクレジットカードです。

三井住友VISAデビュープラスカード

カード総利用枠 10万円~80万円
カード年会費 初年度年会費無料、年1回の利用で次年度も無料
ポイント還元率 1%、入会後3か月は還元率2.5%
カードブランド(国際ブランド) VISA


年会費:前年1回以上のご利用で翌年度年会費無料 (通常 税抜1,250円+税)

★クレジットカードデビューする方に向けて作られているので、無理のない限度額が設定され安心の1枚。

三井住友VISAクラシックカードもカード利用枠は同じですが、初めてクレジットカードを作る20代にはデビュープラスカードがおすすめです。年1回利用すれば年会費も無料になりポイント還元率も常に2倍の1%となります。

ただし申込年齢は25歳までです。

まとめ:むやみやたらにクレジットカードを持つのではなく、使うカードと利用限度額をしっかり管理することが大切

クレジットカードの利用限度額のしくみはお分かりいただけたでしょうか。

自分で持っているクレジットカードすべてと利用残高が利用限度額に大きく影響していますから、毎月クレジットカードの請求書をチェックして、利用残高や利用可能枠などの管理をすることも必要です。クレジットカードが発行された後も、カード更新時には必ず利用可能額のチェックが行われます。

支払い遅延はもちろん気を付けなければいけませんが、キャンペーンで得をするからと言ってやたらと使わないクレジットカードを増やすことはやめましょう。カード更新時に利用枠が減額される原因になります。保有カードをもう一度確認して不要なクレジットカードを整理することも必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめカード3選

誕生月にはポイント5倍!年会費も無料で持っていて損はない1枚

【ポイントUPマジックその1】誕生日のある月はポイント5倍!脅威のポイント還元率

【ポイントUPマジックその2】新規入会後1年間と年間50万円以上の利用でポイント還元率1.5倍!

年間50万円以上の利用で、1,500円相当のボーナスポイントがもらえる!

ライフカードを語るうえではずせないのが、なんといってもそのポイントプログラム。 通常時のポイント還元率は0.5%と…
【とにかくお得!】ポイントが常に1%還元、楽天市場利用で2%!元祖高還元率カードといえば、このカード

楽天グループでのネットショッピングでポイント2倍!ポイントがどんどん貯まるのを実感できる!

獲得したポイントは、楽天のサービス内で1ポイント=1円として自由に利用可能!

貯まったポイントが使える場所が、ネットのみならずリアル店舗にもどんどん進出中!

ポイントがどんどん貯まる、元祖高還元率カードといえば、楽天カードです。 普段のショッピングや海外での楽天カード利用で、…
カードデビューにおすすめの1枚!18歳~25歳限定・若い方にうれしい特典が盛りだくさん!

若者にうれしい!ほかの三井住友VISAカードに比べてポイントが常に2倍!

入会後3ヵ月間はなんと!ポイントが5倍

初年度は年会費が無料、翌年以降は前年1回以上の利用で年会費が無料になる

クレジットカードをはじめて持つ学生の方、新社会人の方におすすめのクレジットカードです。「三井住友VISA」という安心のブ…