JCBゴールドカード

最終更新日:2018/02/15
JCBゴールドカード
日本唯一の国際ブランドJCBのゴールドカード。プライオリティ・パスがつけられる「ザ・プレミア」へ昇格も可能!
JCBゴールドカードは、1961年に誕生した日本唯一の国際ブランド、JCBが発行するゴールドカードです。

JCBのオリジナルシリーズのひとつであり、JCBプラチナ、最上位のザ・クラスへ続くプレミアムカードです。

2年間である条件を満たすと、準プラチナ級のサービスが実質無料で受けられるオプションサービス「JCBゴールド ザ・プレミア」へのインビテーション(招待)も届きます。

年会費はオンライン入会で初年度無料次年度以降10,000円(税別)です。
入会資格は20歳以上、安定継続収入のある人となっています。

20~29歳の人には、JCBゴールドへ切り替え可能な若者向けゴールドカード「JCB GOLD EXTAGE」も用意されています。こちらは初年度年会費無料、次年度以降3,000円(税別)です。

JCBゴールドカードのおすすめポイント

カードデザインは3種類。ゴールド、ディズニー・デザイン、WEB入会限定デザイン

「JCB」をかたどった地紋とシンボルマークが特徴的なカードフェイスは、服部一成氏によってデザインされました。
枯山水の砂紋を思わせる、シンプルかつ奥深いデザインが特徴です。

このオリジナルシリーズのゴールド券面のほか、JCBゴールドカードでは、グラデーションの入ったWEB入会限定デザイン、JCBがオフィシャルスポンサーをつとめる東京ディズニーランド・シーにちなんだディズニー・デザインがあります。

JCBゴールドカードWEB限定デザイン

ディズニー・デザインは、金のダイヤ柄にミッキーの載ったおしゃれでかわいい券面です。

オリジナルシリーズの模様と迷いますが、ゴールドカードより上の「JCBゴールド ザ・プレミア」やJCBプラチナ、ザ・クラスにはディズニー・デザインはありませんから、
ゴールドカードまで限定でかわいらしいディズニー・デザインを楽しむのもいいでしょう。

本カードと同じ特典を受けられる家族カードが1名まで無料

JCBゴールドカードでは、本会員と生計を同一にする配偶者・親・子ども(高校生除く18歳以上)に家族カードを発行することができます。

なんと1名まで発行手数料・年会費無料です。2人目からは発行手数料をふくめた年会費1,000円(税別)がかかります。

ゴールドカードのサービスも基本的に本会員と同じものが受けられるほか、
後述する「JCBゴールド ザ・プレミア」に本カードが切り替わった場合も、同時に切り替えられます。

ゴールドカードの「Gold Basic Service」はJCBのプレミアムサービスの入り口

JCBでは、ゴールドカード以上の会員が受けられるサービス「Gold Basic Service」を提供しています。

JCBの国内ネットワークを最大限に活かしたサービスや、「T&E(Travel&Entertainment)カード」であるJCBの楽しさがたっぷり詰まったサービスです。

JCBゴールドカード以上限定「Gold Basic Service」一覧
  • 空港ラウンジサービス:国内主要空港とハワイ・ホノルルの空港ラウンジが無料で利用できる
  • ゴールド会員専用デスク:対応が丁寧といわれるJCBの中でも、ゴールド会員だけに設けられた専用デスク
  • JCBゴールドグルメ優待サービス:国内約30店舗で利用金額合計から10~20%割引されたり、ワンドリンクサービス、特薦コースが用意される
  • JCBトラベルOki Dokiトクトクサービス:対象の国内外パッケージツアーを申し込んでカード支払いすると、Oki Dokiポイントが5倍貯まる
  • 会員情報誌「JCB THE PREMIUM」:国内のJCB加盟店情報、旅・食・趣味・地域情報・サービス案内の「本誌」とキャンペーンやチケット情報がメインの「別冊」がセットで届く

JCBプラザ、JCBプラザラウンジで海外でも安心と快適を

海外での窓口として、JCBプラザ(世界60ヶ所)、JCBプラザラウンジ(主要都市9ヶ所:ロサンゼルス、ホノルル、グアム、ソウル、台北、香港、シンガポール、バンコク、パリ)が設置されています。

観光情報やホテル・レストラン・ツアー等の予約、Wi-Fi無料サービス、カード紛失・盗難時の緊急サービスを日本語で案内してくれるほか、コールセンターも利用できます。

充実の付帯保険

また楽しい旅行や買い物をしっかり守る各種保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険は自動付帯で最高1億円、重要度の高い治療費、賠償責任、携行品損害の各種補償も充実しています。
本会員・家族会員だけでなく、家族特約もついており、18歳未満で家族カードを持てない子どもにも、万一のときのための補償をつけることができるので安心です。

国内旅行傷害保険も自動付帯です。
飛行機が遅れたりキャンセルされたときのための航空機遅延保険もついています。

さらに、JCBゴールドカードで買ったものが盗難・破損したときのためのショッピングガード保険が年間500万円まで、家族会員ふくめ補償されます。

他の三井住友VISAやアメリカン・エキスプレスのゴールドカード、ダイナースクラブカードと比較しても、JCBゴールドカードがいかに行き届いた保険内容を提供しているかがわかりますね。

JCBゴールドカード比較表

「JCB ORIGINAL SERIES」パートナー店、Oki Dokiランドでボーナスポイントが貯まる

JCB ORIGINAL SERIES」だけの特典で、パートナー店でのボーナスが受けられます。
スターバックスでカードを使うとポイント5倍(税込1,000円以上・スターバックスカードへのチャージも対象)
セブンイレブン、イトーヨーカドー、Amazon.co.jpでカード利用すると3倍のポイントが貯まります。

また、オンラインモール「Oki Dokiランド」を経由すると、最大30倍のポイントが貯まります。
利用方法は、Oki Dokiランドサイトから目当てのショッピングサイトを選んで飛ぶだけです。

Amazonはもちろん、楽天市場(ショップによって2~20倍)、Yahoo!ショッピングやヤフオク(2倍)、ベルメゾンネット(2倍)など400店以上が参加し、ポイントアップのキャンペーンも頻繁におこなわれています。
ネットショッピングの際には忘れずに経由したいですね。

Oki Dokiポイントは交換先が豊富!

JCBには幅広い加盟店ネットワークがあるため、Oki Dokiポイントの交換先も豊富です。

各種共通ポイント、マイルはもちろん、JCBがオフィシャルスポンサーをつとめるディズニーランド/シーの年間パスポート(オフィシャルで63,000円)も13,000ポイントで手に入ります。

Oki Dokiポイントを13,000ポイント貯めるには1,300万円の利用が必要ですが、「JCBスターメンバーズ」のボーナスポイント(1.2~1.7倍)や「JCB ORIGINAL SERIES」パートナー店、「Oki Dokiランド」でのボーナスを駆使すれば、もっと少ない利用額で貯められます。

Oki Dokiポイント交換先一覧

※()内の還元率はポイント1倍の場合です。

支払いに充当
  • カード利用金額:500ポイント以上1ポイント単位で1ポイント→ 3円(還元率0.3%)、
    1,000ポイント以上1,000ポイント単位で1ポイント→ 4.5円(還元率0.45%)
  • Amazon.co.jp:1ポイントから1ポイント→3.5円分(還元率0.35%)
商品券に交換(例)

各店舗に設置された「Oki Dokiポイント即時交換サービス機」にカードを入れて、生年月日(西暦)を入力することで、商品券と交換できる引換券を入手できます。

  • 天満屋:200ポイント→1,000円分(還元率0.5%)
  • 阪急阪神百貨店:250ポイント→1,000円分(還元率0.4%)
  • 博多大丸:250ポイント→1,000円分(還元率0.4%)
  • ビックカメラ:300ポイント→1,000円分(還元率0.33%)
  • ヨドバシカメラ:300ポイント→1,000円分(還元率0.33%)
ギフトカード(例)
  • iTunes Card:500ポイント→1,500円分(還元率0.3%)
  • 2,000ポイント付nanacoカード(発行手数料300円):550ポイント(還元率0.41%)
  • 全国共通お食事券ジェフグルメカード:650ポイント→2,000円分(還元率0.3%)
チケット(例)
  • 東京ディズニーランド(※)リゾートパークチケット(9ヶ月):1,400ポイント→1枚
  • 東京ディズニーランド/シー(※)年間パスポート:13,000ポイント→1名分
  • USJスタジオ・パス(9ヶ月): 1,400ポイント→1名分
  • ユナイテッドシネマ/シネプレックス/TOHOシネマズ鑑賞引換券:700ポイント→2枚
電子マネー
  • 楽天Edy:200ポイント以上1ポイント単位で1ポイント→ 3円分(還元率0.3%)
共通ポイント
  • nanacoポイント:200ポイント以上1ポイント単位で1ポイント→5ポイント(還元率0.5%)
  • dポイント:200ポイント以上1ポイント単位で1ポイント→4ポイント(還元率0.4%)
  • Tポイント:500ポイント以上100ポイント単位で1ポイント→4ポイント(還元率0.4%)
  • WAONポイント:200ポイント以上10ポイント単位で1ポイント→5ポイント(還元率0.5%)
  • WALLET ポイント:200ポイント以上1ポイント単位で1ポイント→4ポイント(還元率0.4%)
  • ベルメゾン・ポイント:200ポイント以上1ポイント単位で1ポイント→5ポイント(還元率0.5%)
マイル・航空券クーポン
  • JALマイル:500ポイント以上1ポイント単位で1ポイント→3マイル
  • ANAマイル:500ポイント以上1ポイント単位で1ポイント→3マイル
  • デルタ航空スカイマイル:500ポイント以上1ポイント単位で1ポイント→3マイル
  • ANA SKYコイン:500ポイント以上1ポイント単位で1ポイント→3コイン(還元率0.3%)

コスパ抜群の準プラチナカード「JCBゴールド ザ・プレミア」への招待が届く!

2年間である条件を満たすと、「JCBゴールド ザ・プレミア」へのインビテーションが届きます。

「JCBゴールド ザ・プレミア」は、世界130ヶ国、1,000ヶ所の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスや高級ホテル・食事の優待サービス、JCB京都ラウンジ年中無料、Oki Dokiポイントがお得に貯まるサービスが付帯する、準プラチナ級のカードです。

JCBゴールド ザ・プレミア

「ザ・プレミア」への招待条件は、

年間(毎年12月16日~翌年12月15日)の利用金額100万円(税込)以上達成

JCB会員限定WEBサイト「MyJCB」に、連絡可能なメールアドレスの登録があること

です。

本来「ザ・プレミア」は年会費5,000円(税別)のオプションサービスですが、
の条件を「ザ・プレミア」入会後も満たしていると、次年度の年会費が無料になります。
(初年度のザ・プレミア年会費は無料です)

実質ゴールドカードの年会費10,000円(税別)だけで、プライオリティ・パス等のサービスを受けられることになります。

以下で「JCBゴールド ザ・プレミア」の付帯サービスについて解説します。

プライオリティ・パス「プレステージ会員」

プライオリティ・パスは、全世界約130ヶ国、1,000ヶ所の空港ラウンジが無料で利用できるパスです。

「JCBゴールド ザ・プレミア」に付帯する「プレステージ会員」資格の場合、空港ラウンジが利用回数制限なしに使えます。

プライオリティ・パスのプレステージ会員に直接入会する場合、年会費は399USドル、1ドル=112円で換算して44,688円です。

以下にプライオリティ・パス「プレステージ会員」資格をつけられる他の安価なプレミアムカードと、「JCBゴールド ザ・プレミア」を保険内容・年会費等の面もふくめて比較しました。

JCBゴールド ザ・プレミア比較表

いかがでしょうか? ステータス性も兼ね備えたJCBカードで、これだけのサービスを受けられるのは驚異的ではないでしょうか?

Oki Dokiポイントの有効期限と「JCBスターメンバーズ」の特典がパワーアップ!

「JCBゴールド ザ・プレミア」では、Oki Dokiポイントの有効期限がゴールドカードの3年から、プラチナ、ザ・クラスと同じ5年間に延長されます。各キャンペーンで獲得したボーナスポイントも同様です。

また、年間の利用合計金額(集計期間=毎年12月16日~翌年12月15日)に応じたボーナスステージ「JCBスターメンバーズ」のOki Dokiポイントボーナスがアップします!

スターメンバーズ比較表

年間100万円を利用した(スターαプラス)場合、
◎ゴールドではOki Dokiポイント1.5倍=1,500ポイント(約7,500円分)
◎ザ・プレミア以上では1.6倍=1,600ポイント(約8,000円分)
が貯まります。

「プライオリティ・パス」「Oki Dokiポイント特典」のほか、ザ・プレミアには以下のサービスが付帯します。

  • JCB Lounge 京都:「ゴールド ザ・プレミア」以上の会員だけが利用できる京都駅内のラウンジ。10:00~18:00まで、年中無休で営業
  • ダイニング30:日本各地の対象レストランで、利用合計金額もしくはコース料金から30%引きしてくれるサービス

オンライン入会で最短翌日お届け。便利に使えるアプリや、QUICPay搭載でApple Payにも対応

JCBはWEBサービスも充実しています。

オンライン申し込みでは、申込情報入力のあとに対象の金融機関口座(みずほ、三菱東京UFJ、三井住友、りそな、ゆうちょをはじめ全91行)を指定すれば最短当日発行、翌日お届けが可能です。
※平日14時までのお申込み、オンライン口座の設定が必要です。※カードデザインは通常デザインのみ。

JCBインターネット申し込み

また、会員限定のWEBサービス「MyJCB」アプリが大変使いやすいと評判です。
利用額チェックや貯まったポイントの確認・利用、キャンペーン確認・登録が簡単におこなえます。
App StoreやGoogle Playから無料でダウンロードできます。

MyJCBアプリ3

オンラインの情報は暗号化(SSL化)で安全にやりとりされます。

ほかに、JCBの電子マネーQUICPayも付帯でき、Apple Payで登録して使うことができます。
Apple Payは電子マネーの読み取り装置である「Felica」を利用したスマホ決済サービスです。

QUICPayは後払い式の電子マネーなので、事前チャージがいらず、カード料金とまとめて請求されます。

JCBゴールドカードのデメリット?

上記のように、年会費、保険や付帯サービスの面でも特に弱点の見当たらないJCBゴールドカードですが、
ひとつ、「JCBブランドの海外での普及率が低いのでは?」という懸念があるのではないでしょうか?

たしかにJCBはVISA、MasterCardに比べると世界シェア率が低いですが、
2017年3月末で海外2,290万店が加盟しています(ちなみに国内では1,022万店です)。

アメリカでは大手カード会社ディスカバーと提携しているため、全米730万店以上でカードが使えるようになっています。

JCBディスカバー提携

新規入会キャンペーンで2,000円分ギフトカードプレゼント

2018年3月31日までの新規入会で、もれなく2,000円分のJCBギフトカードがプレゼントされます。
全国100万店以上の加盟店で利用できるギフトカードです。

そのほか、東京ディズニーランド35周年を祝う「JCBマジカル2018」やUSJのハロウィーン貸切イベントにカード利用額5万円(税込)=1口で応募できるなど、多彩なキャンペーンが随時おこなわれています。

このクレジットカードのここがGood!

JCBのステータス性と加盟店ネットワークを最大限に活かした、コスパに優れたゴールドカードです。

そのままでも充実の保険内容、付帯サービスが受けられますが、どうせ使うならプライオリティ・パス付きの「JCBゴールド ザ・プレミア」を狙っていきたいところ。

「ゴールド ザ・プレミア」招待の条件である2年連続年間100万円以上利用=ひと月あたり84,000円以上利用は、公共料金などの固定費や旅費などの高額支払いをカードでおこなうようにすれば、無理なく達成できる額です。

JCBゴールドカードの基本情報

カード名 JCBゴールドカード
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポートなど 本人を確認・証明できるもの
申込資格 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。
ポイント付与率 入会金 無料
年会費 初年度/10,000円(税別)
※今ならオンライン申込で初年度は無料 2年目以降/10,800円
提携カード JCB
発行時間 最短3営業日 担保
保証人 限度額
支払い方式 分割払い
(年率)
15.00%
リボ払い
(年率)
15.00% キャッシング
(年率)
18.00%
金融機関名 株式会社ジェーシービー 住所・所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア

ポイントサービス

サービス名称 Oki Dokiポイントプログラム
有効期限 獲得月から 3年間
ポイント付与
ポイント
レート
マイル換算 Oki Dokiポイント1ポイント=3マイル(JAL/ANA)
ポイント
還元率の目安

海外・国内旅行傷害保険
ショッピング保険

付帯条件 自動付帯(※一部利用付帯)
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高5,000万円
ショッピング保険 最高300万円