三井住友VISAプラチナカード

最終更新日:2017/11/23
三井住友VISAプラチナカード
VISA、MasterCardのデュアル発行が魅力。無料の家族カードで家族会員にも充実のプラチナサービスを。
三井住友VISAプラチナカードは、三井住友VISAカードの最上位に位置するカードです。
「三井住友VISAカード」は、1967年12月の「住友クレジットサービス」誕生から時を重ね、2017年には50周年を迎える、歴史と実績のあるカード会社です。

「プラチナカード」の年会費は50,000円(税別)、家族カードは「生計を共にする満18歳以上(高校生は除く)の配偶者、お子さまおよびご両親」に無料で発行でき、基本的に本会員と同じサービスを享受できます
年間利用枠は、家族カード含め原則300万円以上です。

選べるブランドは世界シェア1、2位を誇るVISAとMasterCardで、国内外どこに行っても使える決済力をもっています。
5,000円(税別)を追加してVISA、MasterCard両方のブランドを発行するデュアル発行も可能です。

三井住友VISAプラチナカードのおすすめポイント

6ヶ月間の利用金額が50万円以上で、年間1.0~1.8%還元

三井住友VISAプラチナカードで貯まるポイントは、三井住友VISAカードのポイントプログラムであるワールドプレゼントです。

1,000円(税込)につき1ポイントが貯まります。
1ポイントの価値はおよそ5円(移行先によって変化します)、還元率は0.5%です。

ワールドプレゼントポイントに加え、6ヶ月間の利用金額が50万円以上だった場合、利用金額の0.5%に相当する額のVJAギフトカードが年2回プレゼントされます。
ポイントサービスとギフトカードプレゼントをあわせた基本の還元率は1.0%です。

通常プラチナカードは、付帯サービスが充実している代わりにポイント還元率はあまりよくないことが多いのですが、三井住友VISAプラチナカードの1.0%は充分高い水準にあるといえるのではないでしょうか。
1.0%は、ポイント大量還元カードとして知られる楽天カードの基本還元率と同じです。

さらに、各ボーナスポイントで還元率が1.8%までアップします。

ボーナスポイント1:前年度の利用金額に応じたポイント加算率優遇

三井住友VISAプラチナカードでは、前年度(2月~翌年1月)の利用累計金額に応じてV1~V3のステージが設定されます。

前年度累計金額 ステージ ボーナス加算 加算率
300万円以上 V3 50万円で300ポイント(以降10万円ごとに60ポイント) 0.3%
100万円以上300万円未満 V2 50万円で150ポイント(以降10万円ごとに30ポイント) 0.15%
50万円以上100万円未満 V1 50万円で100ポイント(以降10万円ごとに20ポイント) 0.1%

プラチナカードの年間利用枠は原則300万円以上ですから、V2、V3達成もそう難しいことではないでしょう。

ボーナスポイント2:「マイ・ペイすリボ」で少額の手数料を発生させると、請求月のポイントが2倍になる

三井住友VISAカード共通のサービスで、「マイ・ペイすリボ」というものがあります。

初回手数料無料、最初の設定金額から「臨時増額・減額」で自由に変更できる(毎月1回まで)ので、設定金額を利用枠上限まで上げて手数料を発生させないこともできる、少し変わったリボ払い方法です。

プラチナカード以外の三井住友VISAカードでは、この「マイ・ペイすリボに登録してまったく手数料を払わない」で、リスクも手間もなしに年会費を割引できるという技が使えました。
しかし、プラチナカードでは「マイ・ペイすリボ」登録による年会費割引はできません

けれど、「マイ・ペイすリボで手数料が発生すると、その月のポイントが2倍になる」という特典は従来通り使えます。

手数料の計算方式は、実質年率15%÷365日×借入日数です。ここから手数料を1円以上発生させるための残高を導き出します。

説明すると長くなるのですが、ポイントは、

初回の支払い時では支払い残高に500円以上残す

2回目以降は支払い残高に100円以上残す

臨時増額は1,000円単位で可能だが、減額は1万円単位なので、最初のリボ払い設定額は低めに

毎月申し込み期限までに設定金額調節を忘れない(締め日直後に「Vpass」で利用金額確認→リボ払い金額を設定すればOK)

です。

このようにして手数料を発生させれば、月のポイントが2倍になります。

ただし、プラチナカードのリボ払い利用枠は年間200万円までなので、毎月ポイント2倍とボーナスポイントステージV3(年間300万円以上利用)とは両立しない恐れがあります。

ワールドプレゼントの有効期限が4年になるのはプラチナカードのみ

ワールドプレゼントの有効期限は、基本は2年です。
三井住友VISAゴールドカードの場合は3年、プラチナカードでは4年になります。

ワールドプレゼントは基本的に小さい単位から他のポイント・マイル移行が可能ですが、
たとえば4年間でじっくり貯めたワールドプレゼントをANAマイル(有効期限3年)にがばっと移行したい、という場合には便利です。

ワールドプレゼント移行先(例)

※還元率はボーナスポイント・ギフトカードを除いた基本のワールドプレゼント還元分を表示

  • カードご利用代金にキャッシュバック(充当):200ポイント以上1ポイント単位で1ポイント→3円分(還元率0.3%)
  • 三井住友VISAプリペイドカードへチャージ:200ポイント以上1ポイント単位で1ポイント→5円(上限5万円・還元率0.5%)
  • iDバリュー:200ポイント以上100ポイント単位で1ポイント→5円分(還元率0.5%)
  • Amazonギフト券:200ポイントから100ポイント単位で1ポイント→5円分(還元率0.5%)
  • ANAマイル:100ポイント以上100ポイント単位で1ポイント→3マイル(還元率0.9~3%)
  • Tポイント:200ポイントから100ポイント単位で1ポイント→4.5ポイント(還元率0.45%)
  • Pontaポイント:200ポイントから100ポイント単位で1ポイント→4.5ポイント(還元率0.45%)
  • dポイント:200ポイントから100ポイント単位で1ポイント→5ポイント(還元率0.5%)
  • au WALLETポイント:200ポイントから100ポイント単位で1ポイント→5ポイント(還元率0.5%)
  • 楽天スーパーポイント:200ポイントから100ポイント単位で1ポイント→5ポイント(還元率0.5%)
  • ベルメゾンポイント:200ポイントから100ポイント単位で1ポイント→5ポイント(還元率0.5%)
  • Google Playギフトコード:200ポイントから100ポイント単位で1ポイント→5円分(還元率0.5%)
  • ふるさと納税:佐賀県玄海町、長崎県平戸市、宮崎県綾町、島根県浜田市に寄付。1,100ポイント~
  • ……etc.

国内空港ラウンジは本会員・家族カード会員ともに同伴者1名まで無料

空港ラウンジサービスGold」は、三井住友VISAプラチナ、ゴールド、プライムゴールド会員の人に日本国内28の空港でラウンジが無料になるサービスです。
本会員だけでなく、家族カード(年会費・発行手数料無料)会員、およびそれぞれの同伴者1名も無料で利用できます。

基本的に出発手続き前(手荷物検査等)のラウンジが大半ですが、以下の空港では出国審査を終えてからもラウンジ利用できます。
あとは搭乗するだけ、となってからラウンジでゆっくりできるのは嬉しいですよね。

出国手続き後に利用できる国内ラウンジ一覧
  • 羽田:POWER LOUNGE SOUTH・POWER LOUNGE NORTH、エアポートラウンジ(南)SKY LOUNGE・SKY LOUNGE ANNEX
  • 関空:カードメンバーズラウンジ「六甲」「金剛」「アネックス六甲」
  • 神戸:ラウンジ神戸
  • 福岡:ラウンジTIME インターナショナル
  • 北九州:ラウンジひまわり
  • 大分:ラウンジくにさき

「メンバーズセレクション」でプライオリティ・パスを含むサービスから1つを選択できる

上のラウンジサービスでは物足りない、海外の空港でもラウンジサービスを使いたいという人のために、「メンバーズセレクション」から「プライオリティ・パス」を選択することもできます(※こちらは本会員のみです)。

「メンバーズセレクション」は、プラチナカード会員だけに贈られる年に1回の特別なプレゼントです。
世界130ヶ国1,000ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」のほか、「名医によるセカンドオピニオンサービス」「食の逸品プレゼント」など、多彩なサービスが揃っています。

ただ、やはりおすすめなのはプライオリティ・パス(本来の年会費は399USドル:1ドル112円で換算した場合44,688円)です。
これだけのパスが無料で入手できるのは、三井住友VISAゴールドカードにはない利点です。

国内約10のホテルのスイートルームが50%オフ

「プラチナホテルズ」では、国内約40のホテルと約10の旅館で優待+部屋または料理などのアップグレード「アップグレードホテルズ」、国内約10のホテルのスイートルームが50%オフになる「スペシャルプライスホテルズ」が受けられます。

ホテルや旅館の優待は他社のプラチナカードでもよく見かけますが、スイートルーム50%オフはなかなかありません(三井住友VISAプラチナ以外では、アメックスの「スイートルーム・プラン」があります)。

「スペシャルプライスホテルズ」の対象施設には以下のようなものがあります(例)。

ホテル ルーム名 料金(サービス料・税込)
東京「ホテルメトロポリタン」 アンバサダースイート(ツイン)/ガバナースイート(ダブル) 142,560円
新横浜プリンスホテル スイート 95,040円
ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋 アンバサダースイート 120,000円
ウェスティンホテル大阪 エグゼクティブスイート 200,000円

これらがすべて50%オフになります。

ゆったりした広さ、素敵な調度のお部屋が手頃な料金で利用できるので、ちょっと贅沢したい日にも、大切な日に使うのにもおすすめです。

選べるブランドはVISA、MasterCard。デュアル発行も可能

三井住友VISAプラチナカードで選べるのはVISA、MasterCardです。
両ブランドともに、国内外に申し分のない決済ネットワークをもっています。お店で使えないということがまずありません。

では、どちらを発行すべきか? 各ブランドにはそれぞれ限定サービスがあるので、一覧にしてみました。
ただ5,000円(税別)追加でデュアル発行(両ブランドのカードを発行すること。利用枠等は共有)も可能なので、迷ったら両方選ぶのもおすすめです。

 

VISA/MasterCard限定サービス比較表

VISA ブランド MasterCard
◎VISAプラチナゴルフ:国内約70、海外約80のゴルフ場を4,000円オフで利用できる ゴルフ ◎会員制ゴルフ:ビジターでは予約できない国内70の名門ゴルフ場を予約手配

◎国内ゴルフ:GDOが提供するゴルフ場をオンライン予約、さらに約150のコース料金優待(500~1,500円)

◎海外有名ゴルフコース手配:世界ゴルフ場ランキング100選に選ばれた名門コースのほか、厳選100コースを手配

◎VISAプラチナダイニング:国内約130、海外約45のレストランで料理やお土産サービス、コース料理アップグレードや割引など グルメ ◎ダイニングby招待日和:国内約200のレストランで、コース料理2名以上利用で本会員分(1名)無料
◎VISAプラチナ空港宅配:手荷物2個まで500円(税込)、3個から20%オフ 空港手荷物宅配サービス ◎国際線手荷物無料宅配:2個まで無料宅配
◎VISAゴールド国際線クローク:手荷物一時預かりを15%オフ 空港クロークサービス ◎空港クローク優待サービス:コートなどの防寒具を1着につき10%オフ
◎Visaゴールド海外Wi-Fiレンタル:定額Wi-Fiルーターの通信料金20%オフ 海外サービス ◎海外レンタカー優待:「ハーツGoldプラス・リワーズ・ファイブスター会員」資格
◎VISAプラチナトラベル:パッケージツアーや宿泊プランを5~10%優待

◎VISAプラチナKaligo:プラチナKaligo専用ページからホテル予約すると、付与されるマイル・ポイントが30%追加

ホテル・航空券予約 ◎海外ホテル・航空券:オンライン旅行会社「エクスペディア」が提供するホテル、航空券を優待価格で提供

◎国内高級ホテル・高級旅館:全国のハイクオリティーなホテル・旅館約900施設を利用できる

◎VISAゴールドライフサポート:「ベネフィット・ステーション」「モラエル」に登録(有料)した場合、1,500円のポイントをプレゼント(※ベネフィット・ステーション内のみ)

◎VISAゴールド電子書籍:取り扱い30万冊以上の電子書籍書店で、ボーナスポイント50%のところさらに10%(1ポイント=1円)を付与

その他 ◎ヘリクルーズ

◎歌舞伎・能チケット案内手配

海外旅行傷害保険は自動付帯・家族特約付き、お買い物安心保険は会員一人につき500万円まで

三井住友VISAプラチナカードでは、会員ひとりにつきお買い物安心保険が500万円付帯します。
国内・海外利用に関わらず補償されるので安心です。

また、海外旅行傷害保険に家族特約がついているのも嬉しい点です。
家族カードが持てない小さな子どもにも手厚い保護をかけることができます。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

補償内容 本会員・家族会員 家族特約
死亡・後遺障害 最高1億円 最高1,000万円
傷害・疾病治療費用 500万円
賠償責任(1事故あたり) 1億円
携行品損害 100万円
救援者費用 1,000万円

国内旅行傷害保険(自動付帯)

補償内容 本会員・家族会員
死亡・後遺障害 最高1億円
入院保険金日額 5,000円
通院保険金日額 2,000円
手術保険金 最高20万円

航空便遅延保険(海外旅行の場合は自動付帯、国内旅行は利用付帯)

補償内容 本会員・家族会員
乗継遅延費用 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用 2万円
手荷物遅延費用 2万円
手荷物紛失費用 4万円

プラチナカードだけの特典多数

また、プラチナカード会員だけのサービスも多数あります。

  • 24時間年中無休のコンシェルジュサービス
  • プラチナオファー(会員限定のイベントやプロモーション案内)
  • JTBロイヤルロード(高品質旅行予約店)でワールドプレゼントが6倍貯まる
  • D’sラウンジ、SMBCパーク栄のプライベートラウンジ利用
  • USJのアトラクション待ち時間を短縮する「ユニバーサル・エクスプレス・パス」を、1人につき1日1枚プレゼント(※同伴者4名まで)
  • 宝塚歌劇優先販売:会員限定のSS席を販売
  • 国内男子プロゴルフトーナメント「三井住友VISA太平洋マスターズ」のペア観戦入場券プレゼント

また三井住友VISAカード共通のサービスとして、

  • ポイントUPモール:経由することで、ワールドプレゼントが2~20倍になるオンラインモール。対象店舗:amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、ユニクロ等
  • ココイコ!:実店舗に行く前にスマホアプリやココイコ!サイトでエントリーすることで、カード利用のワールドプレゼントが2~18倍貯まる。対象店舗:USJ、タカシマヤ、東急ハンズ等

も利用できます。

堅固なセキュリティとサポート

三井住友VISAカードでは、24時間年中無休でカード不正使用検知システムが稼働し、不審な利用がないかチェックしています。

ネットショッピングでは、カード番号・有効期限・セキュリティパスワードのほかに、WEB明細サービス「Vpass」に登録したIDとパスワードを認証に使い、不正利用をできにくくしています。
またVpassに登録している会員にワンタイムパスワードを発行する「One Time Pass」も利用できます。
万が一不正利用された場合でも、「Vpass安心サービス」で届け日から60日までさかのぼって補償されるため安心です。

カード本体にはICチップが搭載されており、スキミング(カード情報のコピー)がきわめて難しくなっています。

カードを紛失・盗難された場合も、国内(0120-919-456)・海外(オートコレクトコール)問わず24時間年中無休で受け付けています。

海外での紛失の際には、プラチナカード会員なら手数料無料で暫定カードを現地へ届けてもらえます。

インビテーションなしでも所持可能なプラチナカード!

三井住友VISAプラチナカードは、「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」が対象となっています。
年収の基準は、年間利用枠最低300万円をきちんと支払いできるくらい、が目安となります。

三井住友VISAゴールドカード(年会費10,000円+税)の利用枠が50~200万円なので、基本はゴールドカードの利用枠で足りない人のためのカードです。

インビテーションなしで持てるプラチナカードですが、手持ちの三井住友VISAカードからアップグレードも可能です。
まずは三井住友VISAの下位カードでクレジットヒストリー(信用情報)を蓄積し、プラチナカード申し込みをすると審査に通りやすくなります。

三井住友VISAプラチナカードの基本情報

カード名 三井住友VISAプラチナカード
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポートなど 本人を確認・証明できるもの
申込資格 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
※三井住友プラチナカード独自の審査基準により発行させていただきます。
ポイント付与率 入会金 無料
年会費 税抜50,000円+税 提携カード VISA
発行時間 ※公式サイト参照 担保 不要
保証人 不要 限度額 原則300万円~
支払い方式 1回/2回/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
※カード利用枠の範囲内(但し上限100万円)で、カード会社が指定
分割払い
(年率)
12.0~14.75%
リボ払い
(年率)
15.0% キャッシング
(年率)
※公式サイト参照
金融機関名 三井住友カード株式会社 住所・所在地 東京都港区海岸1-2-20

ポイントサービス

サービス名称 ワールドプレゼント
有効期限 ポイント獲得月から4年間
ポイント付与 1,000円=1ポイント
ポイント
レート
1ポイント→5円相当
マイル換算 100ポイント→3,000マイル
ポイント
還元率の目安
0.5%~0.8%

海外・国内旅行傷害保険
ショッピング保険

付帯条件 自動付帯
海外旅行保険 最高1億円
死亡・後遺傷害 最高1億円
傷害・疾病治療費用 最高500万円
賠償責任 最高5,000万円
救援者費用 最高1,000万円
携行品損害 1旅行につき最高100万円(免責3,000円)
海外旅行傷害保険 家族特約あり
国内旅行保険 最高5,000万円
ショッピング保険 年間最高500万円/90日間(免責3,000円)