クレ家をフォロー
HOME > クレジットカードおすすめ比較 > ゴルフをする方におすすめのクレジットカードでゴルファー保険やゴルフ優待特典を活用する

ゴルフをする方におすすめのクレジットカードでゴルファー保険やゴルフ優待特典を活用する

最終更新日:2016/07/28

golf-ball-549228_1280
クレジットカードで沢山の優待サービスがあるのはご承知の通りです。どんな優待サービスがあるかでクレジットカードに入るかを決める人もいるでしょう。多いのは楽天ポイントカードのようにポイント還元や他にはレジャー施設の優待などが思い浮かびます。

ゴルフを趣味としている人なら、ゴルフの優待サービスが充実しているクレジットカードはいかがでしょう? ゴルフは何かとお金のかかるスポーツです。クラブなどの道具を揃えるところから始まって、練習場の利用料やゴルフ場でプレーした時の料金は勿論、ラウンドをした時にホールインワンやアルバトロスなど出した時にはお祝いする費用なども出てきます。

そこで支払いをクレジットカードにすればポイント還元でポイントもたまるし、ゴルフサービスが充実したカードにして活用すれば他のカードにするより充実したゴルフライフを過ごすことができます。

ゴルフに関してカード会員になるとどんなサービスが付くのかご紹介します。

プレイ中の事故やケガなどのトラブルを補償してくれるゴルファー保険

ゴルフをしているときに怖いのはプレイ中や練習中の事故です。

ゴルフの事故で多いのはボールが他のプレイヤー(ゴルファー)に当たってしまったり、カートで移動中に人と衝突してしまったりという事故が発生してしまうことがあります。

こうした事故で損害賠償の支払いをしなければならなくなります。その時の入院費や通院費の賠償責任補償が必要です。

golf-1429533_1280

ゴルフをしていて、不幸にも事故などのトラブルに遭ってしまった時の補償をしてくれるのがゴルファー保険です。他にはせっかく買った新品のクラブが盗まれてしまった時の盗難補償や「ホールインワン」やバーから数えて3打少なくホールを終了する「アルバトロス」を決めた時にお祝いをする際にも、ゴルフ保険で賄ってくれたりもします。

クレジットカードのゴルフ保険は年会費にプラスの費用を上乗せすると、何かあった際に補償してくれるというかたちが多いです。

保険会社でも「ゴルフ保険」を取り扱っていますが、クレジットカードならではの特典と併せると保険会社よりもお得になるカードがあります。

PGAクラブカードは自動的に保険がつく!

jcb-pga

JCBカードにはPGA(日本ゴルフ協会)と提携したJCBザ・PGAクラブカードというのがあります。
PGAクラブカードはカード会員になるとゴルファー損害賠償保険が最高1,000万円まで付帯します。

年会費はザ・PGAクラブ年会費の3,000円をプラスしてもたった4,250円(税抜)ですので費用を安く抑えたい人におすすめです。

JALカードは保険もついてマイルも貯まる!

JALカードにもゴルファー保険が付帯しており、ゴルフの練習中や競技中に誤って他人にケガをさせてしまった場合や他人のものを破損してしまったときに支払わなくてはならない際に損害賠償補償をしてくれます。

契約タイプによって補償金額は異なりますが、17,640円の保険料で最高2億円の賠償責任、6,370円の保険料で最高5,000万円の賠償責任が付帯しています。

勿論普通に使用するだけでマイルも付いてきますのでマイルを貯めたい方にもおすすめです。
海外旅行の際の事故や病気・ケガを補償してくれる海外旅行傷害保険も付帯しています。


年会費:無料※以降1,050円

★ゴルファーにもおすすめ!ゴルファー保険に入ることができ、マイルも貯められるおすすめカード。

ダイナースクラブカードはホールインワン保険も付帯している

ステータスカードの代表格であるダイナースクラブカードにも、会員限定のさまざまなゴルフ優待サービスが付帯しています。

ゴルフ保険の中にホールインワン補償とアルバトロス補償も付いてきます。
保険サービスの幅が広いので、ゴルフをプレイする機会の多い人や仲間とプレイすることが多い方向けといるでしょう。


年会費:22,000円(税抜)

★ステータスカードとして人気を誇るクレジットカード。ゴルフの優待サービスが充実している。

このように、クレジットカード付帯保険のなかにゴルファーの方向けのさまざまな保険があります。
年間どれくらいゴルフ場でラウンドをするか、練習場に月どれくらい通うか、ゴルフへ行く頻度や自分のゴルフの腕も含めて比較した上で決めるのが一番でしょう。

ゴルフ場の予約サービスに名門コースでラウンドもできる!

ゴルフサービス付きのクレジットカードのなかでも定番なのが、ゴルフ場の予約代行サービスです。

電話一本、またはインターネット上でプレイ日などを入力するだけで、予約代行をカード会社が行ってくれるので非常に便利です。

最近はゴルフ場自らがインターネット上でビジター向けにインターネット予約を受付しているところもありますが、中には特定のゴルフ練習場で会員が優先的に利用できたり割引価格で利用できたりするなど、カード会員のみ限定のお得な予約代行をしているカード会社もあります

通常なら予約も困難なプロゴルファーも回った名門コースでのオープンコンペにも優先的に参加できるサービスもあり、ゴルファーにとっては夢のような特典です。
期間限定やどのゴルフコースになるのかはカード会社によりますので一部ご紹介します。

三井住友VISAカードは700ヶ所の予約受付代行!

三井住友VISAカードはプラチナ会員、ゴールド会員向けに国内のゴルフ場約700ヶ所のプレイ予約を代行してくれるサービスを行っています。また三井住友VISAマスターズに招待の特典付きです。


年会費:税抜50,000円+税

★ゴルフの優待サービスだけでない、ほかにもさまざまな優待サービスが持つ人の生活を豊かにしてくれる1枚。

MUFGカードは1000ヶ所の予約が可能!

全カード会員向けに国内のゴルフ場1000ヶ所のプレー予約を行っています。またプラチナ会員のみ予約可能なゴルフ場もあります。


年会費:初年度/無料 2年目以降/1,905円(税別)

★専用の「ゴルフデスク」が提携ゴルフコースを紹介&予約してくれるから、ゴルファーには便利で嬉しい1枚。

JCBカードのネクサス・ゴールド会員は名門コースでプレーできる

sunset-over-the-golf-course-644477_1280

JCBカードのザ・クラス、ゴールド、ネクサス会員にはJCBゴルファーズ倶楽部というサービスがあります。入会金500円、年会費1200円で三井住友VISAマスタース開催コースを会員優待コースでプレーできる特典が付いてきます。他にも国内の名門コースでプレーできます。

ゴルフをプレーする際に一番面倒なゴルフ場の予約を行ってくれるのはゴルファーにとってありがたいサービスです。こうしたサービスを利用して気軽にゴルフコースでプレーができる機会が増えれば益々ゴルフをプレーするのが楽しくなるでしょう。

その他にもゴルフが上手になるサービスが充実

ゴルフといえば練習が欠かせません。仕事の合間に練習をする人が多いでしょうが闇雲に練習をしても中々上達しないという悩みがある人も多いでしょう。

golfer-703788_1280

ゴルフサービスのあるクレジットカードのなかには、プロのレッスンが受けられる特典が付帯したクレジットカードがあります。
何人かで一緒にレッスンを受けたり、マンツーマンでの個人レッスンを受けられるサービスもあるので、自分の腕前に合わせて選ぶことができます。

そのほかにも、ゴルフサービスのあるカード会社のクレジットカードには「フィッティングサービス」という、自分の身体やスイングに合ったクラブの選択と調整をしてくれるサービスを優待価格で提供してくれるクレジットカードもあります。
自分にあったクラブを使うのはゴルフでスコアアップを狙うのに必要です。ラウンドプロは殆どが自分にあったクラブを使ってラウンドをしていますのでラウンドプロのようにとまでいかないものの自分にあったクラブを使ってラウンドできるのはこれもまた嬉しいサービスです。

他にも、最新のクラブを練習場で試せるクラブのレンタルサービスゴルフショップの割引優待など、内容は充実しています。

ダイナースクラブカードはゴルファー優待がかなり充実している

ダイナースクラブカードはゴルフサービスが充実していて、ゴルフ保険やゴルフ場予約代行サービスも付いているのですが、更にレッスンプロから個人レッスンを受けられるサービスもあり、ゴルフをする方には非常におすすめの1枚です。

対象のゴルフスクールで平日は最大50%、土日祝日は最大25%割引でマンツーマンでプロからレッスンを受けることができます。また、練習場の利用料金が優待価格で受けられたり、クラブを自分に合わせるフィッティングサービスも優待で受けられます。

GDOカードは、とにかくゴルフでお得になるカード

ゴルフに特化したクレジットカードとしてGDOカードがあります。

GDOカードはゴルフダイジェスト・オンラインがMUFGカードと提携して発行しているカードですが、上述したゴルフ場予約代行のサービスもありますし、他に特典としてGDOポイントというのがあります。

GDOポイントはGDOショップ利用やゴルフ場予約で利用をするとGDOポイントが加算され、お好きなゴルフ商品と交換することができます。

年会費24,000円(税抜)のGDO MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードから、年会費無料のDC GDOカード(一般)までラインナップがありますが、ゴルファー保険が付帯するのはGDO MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードとDC GDOカード(ゴールド)で、どちらも最高1億円が付帯します。

GDOカードをゴルフ以外のショッピングで利用してもGDOポイントを貯めることができますし、ショッピング保険もついてます。但しGDOポイントを他社のポイントサービスに移行はできませんのでご注意ください。

まとめ:ゴルファーの方は、ぜひゴルフ優待の付帯したクレジットカードの活用を

クレジットカードのゴルフサービスも色々とありますが、一番力が入っているのは保険サービスが多いです。ラウンド中の事故は不測の事態ですので避けようとしても避けられない場合もあります。

事故によって楽しいゴルフが嫌なものになってしまうなんて事がないように、ゴルフ保険があるので自分のプレイスタイルに合わせて選んでみるのがいいかもしれません。

ゴルフ保険以外のゴルフ場予約代行やゴルフレッスンの優待、ゴルフ用品を買うときのポイントサービスなどゴルファーにとっては悩みどころですが、自分のゴルフのプレイ回数や自分のゴルフの腕、ゴルフ以外の旅行損害保険やカード会員向けサービス、懐と相談してお得に活用してはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加