クレ家をフォロー
HOME > クレジットカードおすすめ比較 > インターネット利用者におすすめのクレジットカード

インターネット利用者におすすめのクレジットカード

最終更新日:2016/07/28

home-office-336378_1280
今はインターネットなしには語れない世の中になりました。わからないことや知らないこともインターネットで解決できてしまいますし、ネットショッピングでは生活に必要な物がほとんどすべて手に入るといっても過言ではありません。

インターネットに強いクレジットカードである、ということはもはやカード業界の常識。

クレジットカード会員がより快適かつお得にネットライフを楽しめるよう、ネットを利用したカードの不正利用などを防ぐセキュリティ面、お得にポイントがためられるなどのポイント還元面で各社サービスを展開しています。

ネットに強いクレジットカードといえば、楽天カード

楽天といえば、楽天市場がとても有名です。
1997年に創業して以来、第一線で活躍するインターネットサービス企業として日本のネット業界を牽引してきました。

公式ホームページによると、「インターネットで人は物を買わない」といわれた時代に「楽天市場」の運営を開始し、少しずつその能力を発揮、今やネットショッピングだけでなく、旅行、通信、証券や保険、銀行、電子マネーそしてクレジットカードまで、展開するビジネスは多岐に渡ります。

楽天カードは現在も進化を続けていますが、インターネットを基盤にビジネスを展開する楽天のクレジットカードだけあって、ネットにはめっぽう強いクレジットカードです。

ポイント還元率はいつでも1%と高還元ですが、楽天市場での買い物でボーナスポイントがつき、ポイント還元率は2倍の2%にアップします。高還元率カードとしても人気の高いクレジットカードです。


年会費:永年無料

★いつでも還元率1%だから、楽天ユーザーじゃなくても1枚持っていてお得なクレジットカード。もちろん年会費は永年無料

楽天カードの利用で貯まる楽天スーパーポイントは、楽天関連のサービスではもちろん、サークルKサンクスや大丸・松坂屋、ミスタードーナツやプロントなどでも使える共通ポイントなので、ネットだけでなくリアル店舗でも有効に活用できます。

楽天スーパーポイントについてはこちらで詳しく書いています。

楽天カードはネット系サービスが充実している

楽天は独自でネットサービスを多方面で展開するだけあって、クレジットカードのネット利用に対してのセキュリティ対策やサービスが充実しています。

1.カード利用お知らせメール

icons-842848_640

楽天カードを利用した際に、メールにてお知らせをしてくれるサービスです。
最速版は最短で翌日に、確定版は最短で2日で届きます。

万が一自分のカードが第三者の手に渡り不正利用されてしまった場合、このメールが届くことで不正利用をすぐに発見できます。
ちなみに、筆者はこのメールが届いたことによりAmazonプライムの年会費を知らない間に払っていることが判明しました。
こちらの記事で詳しく書いています。

【体験談】楽天カードの利用お知らせメールでAmazonプライムに知らない間に入会していたことが判明!

2.本人認証サービス

インターネットショッピングの際に、クレジットカード情報に加えて会員自身が設定できる本人認証パスワードを入力することによって、第三者のなりすましなどによる不正利用を未然に防ぐサービスです。

楽天の会員サイトである楽天e-NAVIからいつでも無料でパスワードが設定できます。

3.カード利用明細はオンラインでチェック

毎月送られてくるクレジットカードの明細書、皆さんはどうしていますか?
なかなか捨てられなかったり、それでいて個人情報なのであまりわかりやすい場所に置いておきたくもなかったり、それでいて保管するには結構な量になっていきますよね。

楽天カードなら、毎月のお支払いの明細は楽天e-NAVIよりオンラインでチェックできます。今月いくら利用したかもリアルタイムではなく少し遅れますが、確認することができます。

さらには、リボ払いへの変更もオンラインから設定可能。
オンラインなので外出先でも明細表を見ることができ、返済のシュミレーションがしやすくなりますよ。

ネット利用でポイントが貯まりやすいYahoo!JAPANカードやリクルートカードもおすすめ

楽天カード以外にも、普段からネットを利用してお買い物をする方、レストラン・美容室や旅行の予約をする方にはお得になるおすすめのクレジットカードがあります。

Yahoo!JAPANカードなら、Yahoo!ショッピング・LOHACOでの利用でなんとポイント還元率が3%

Yahoo!Japanカードは、通常時のポイント還元率が1%と悪くありませんが、さらにYahoo!系列サービス利用でボーナスポイントが1%加算され還元率は2%、さらにYahoo!ショッピングとLOHACOではボーナスポイントが2%加算されてポイント還元率は驚きの3%までアップします。


年会費:永年無料

★日用品や雑貨、なんでも揃う&すぐに商品が届くLOHACOでの利用でポイント還元率3%はお財布にもうれしい!。Tポイントを貯めたい方には必須の1枚。

リクルートカードなら、じゃらんやHOT PEPPERでの予約・利用でポイント還元率が最大4.2%!

通常時のポイント還元率は1.2%とそれだけで十分に高還元カードのリクルートカードですが、リクルート系列でのサービス利用でポイント還元率がぐぐんとアップします。

ネットで旅行を予約する方はじゃらん、美容室やネイルサロンならHOT PEPPER Beautyからオンライン予約が可能ですし、ネットからのレストラン予約もHOT PEPPER グルメで簡単!さらに高還元でポイントがもらえるので、ネットでお店をよく予約する方には非常におすすめの1枚です。


年会費:無料

★ネットで旅行や美容室予約する方にはとにかくおすすめ!貯まったポイントはPontaポイントにも交換可能!

ライフカード

誕生月はポイントが5倍」になるサービスが有名なライフカードもおすすめです。
通常ポイント還元率は0.5%ですが、入会後1年間はポイントが1.5倍の0.75%、誕生月は5倍に2.5%になります。

ライフカードの年会費は永年無料なので、ポイント還元率2.5%という超高還元を受けられるタイミングでほしいものを一気に買ってしまうのがおすすめの方法です。

年間利用額に応じて次年度のポイント還元率が変わるポイントプログラムを採用

ライフカードは、年間利用額に応じて次年度のポイント還元率が変わる手法をとっています。

年間利用額 次年度のポイント還元率 通常時との比較
50万円以上 0.75% 1.5倍
150万円以上 1% 2倍


年会費:永年無料

★誕生月は通常時のポイント5倍の2.5%還元!高額商品やほしいものはこの期間にまとめて購入がおトク。

クレジットカード会社が運営するオンラインモール・ポイントアップモールで還元率がアップする

クレジットカード会社各社はそれぞれ自社のオンラインモールを提供しています。ポイントモール・ポイントアップモールなどと呼ばれています。
そのオンラインモールのショッピング利用(クレジットカードで決済)すれば、ポイント還元率アップなどの特典が受けられます。また、モール内に出店している店舗によってはポイント最大20倍というものもあります。普段からよく利用するお店がモール内に入っていたらラッキーです。

クレジットカード会社が運営するポイントアップモールの例
モール名 対象カード ポイント名
ジャックスモール REX Card、REX Card Lite、漢方スタイルクラブカード等JACCS系クレジットカード Jデポ
OkiDokiランド JCB一般カードJCBゴールドカードJCB EITカードなどJCBカード系クレジットカード全般 OkiDokiポイント
ポイントUPモール 三井住友VISAカードなど三井住友カード系クレジットカード ※ただし利用する場合はVpassに登録していることが条件となる ワールドプレゼント
オリコモール オリコカード スタンダードオリコカードザポイントなどオリコ系クレジットカード オリコポイント
永久不滅.com セゾンカードをはじめとするセゾン系クレジットカード。 ※ただしセゾン系クレジットカード会員でなくてもモールに会員登録でき、永久不滅ポイントが貯められる 永久不滅ポイント
L-mall(エルモール) ライフカード LIFE サンクスプレゼント
ときめきポイントTOWN  イオンカード ときめきポイント
dカードポイントUPモール dカード、dカードゴールド dポイント
楽天市場 楽天カード楽天プレミアムカード 楽天スーパーポイント
LOHACO Yahoo!JAPANカード Tポイント

ポイントモールでお得になるクレジットカードについてはこちらでも書いています。

クレジットカードをネットで利用するのは危なくないのか

ネットショッピングでクレジットカードを利用する人が多いですが、それだけでなく最近はネットゲームの課金、好きな音楽のダウンロード、情報提供サイトなどの月額利用などもクレジットカードで支払うことができます。

クレジットカードの番号、名義、利用期限をオンライン上で登録するわけですが、これは危なくはないのでしょうか。

window-1231892_1280

多くのクレジットカード会社が、クレジットカード番号をはじめとする個人情報漏洩防止のためにSSL(Secure Sockets Layer)と呼ばれる暗号化技術を採用しています。

SSLとは、クレジットカード番号などインターネット上に入力された情報を送信する際に暗号化することによってインターネット上で情報が盗み見られることを防ぐ高度なセキュリティ技術なので、安心して利用することができるといえます。

ただし、念には念を押して注意するようにしましょう。

個人情報をEメールで通知したり、安全性の低いサイトにクレジットカード番号を登録したりするといったことは避けるようにしてください。

万が一不正利用された場合も、クレジットカードには不正利用保険が付帯しているので、クレジットカード会社側が提示している条件を満たしていれば、被害額は補償されます。

クレジットカードのセキュリティについては、こちらで書きました。

ネット通販で購入した商品が配送中に壊れてしまったら?

クレジットカードのなかには、ショッピング保険が付帯しているものがあります。

クレジットカードで購入した商品が盗難に遭ったり破損したりしてしまったりなど偶然の事故で商品が手に入らなかった場合に、事故後90日~180日の間(クレジットカードによって異なります)、その金額を補償してくれる保険です。

apple-1120730_1280

すべてのクレジットカードに付帯しているわけではなく、付帯していないクレジットカードや、「海外での利用」や「分割払いした場合のみ」など、条件付きで付帯する場合もあるので、クレジットカードを新規に作る際は考慮すると良いでしょう。

一般的に年会費無料のクレジットカードには付帯していないことが多いです。

また、付帯していても壊れやすいメガネや動物、植物や有価証券、携帯電話や食料品はその対象外となることが多いようです。
会員側に落ち度が認められる場合も補償されません。

まとめ:ネットとクレジットカードの利用で、世界はますます広がる

いかがだったでしょうか。

世の中はインターネットを通じて、ますます便利になっています。
今はまだ世に存在しないようなサービスも、今後展開されていくでしょう。そこに「お金のやりとり」が発生する場合、クレジットカードはとても便利なツールです。
VISAやMasterCardなど手持ちのクレジットカードの国際ブランドが、自分の利用するサイトの支払い可能ブランドに対応さえしていれば、世界中どこからでも商品や情報を購入することができ、世界をどんどん広げていくことができます。

そんな世の中の発展と同時に、クレジットカード会社も日進月歩でそのセキュリティの技術の精度を上げています。
しっかり管理しつつも、その恩恵を最大限に利用したいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加