クレ家をフォロー
HOME > とにかく”お得なカード”にこだわりたい方 > 知らなかった!年会費無料でも高スペックなクレジットカード

知らなかった!年会費無料でも高スペックなクレジットカード

最終更新日:2016/08/01

kodawari_free

年会費無料のクレジットカードは、年会費がかかるクレジットカードに比べて、少し機能が劣るかも…」、そんな誤解を抱いていませんか?

実は、使い方さえしっかり押さえれば、本当にお得になる年会費無料のクレジットカードってたくさん存在します。

年会費無料なので、「まず持ってみる」という気持ちで持っていただくことも可能。おすすめの年会費無料クレジットカードをご紹介します。

年会費無料のクレジットカードがおすすめな理由

ときはクレジットカード戦国時代。各クレジットカード会社は、あれやこれやと魅惑的な優待サービスを充実させ、顧客獲得のために奔走しています。

利用者側である私たちからすると、クレジットカード選びの際に選択肢が増えるのは決して悪いことではありませんよね。

ポイントやマイルをためるのか、付帯しているサービスを利用するのか、それとも付帯している保険が目的なのか…何に、どう利用するのかによってクレジットカードの選び方は異なってきますが(クレジットカードの選び方についての詳しい記事はこちら)、選ぶ際のポイントのひとつとなるのが「年会費無料か否か」という点です。

年会費無料ということはすなわち維持費がかからないわけなので、「とりあえず作ってみる」ということも可能ですし、すでにメインで利用しているクレジットカードがあるのならば、目的に応じてサブカードとして持つこともできます。

最初に確認したい、「年会費無料」の定義とは?

一概に「年会費無料」といっても、いつ、どう無料なのか、その定義はクレジットカードによって異なります。

年会永年費無料

その字のごとくクレジットカードの年会費が永年、すなわち永遠にずっと無料です。

初年度年会費無料

クレジットカードに申し込んだ年度のみ、年会費が無料です。

条件付き年会費無料

「前年度○円以上の利用で次年度の年会費が無料」というクレジットカードもあります。
カード利用者の年間の利用額が条件額に満たなければ、年会費を支払う必要があります。

ここでは、永年年会費無料でありながらお得に利用できるクレジットカードを紹介します。

永年年会費無料でありながら、クレジットカードをお得に利用できる理由

永年年会費無料であるにもかかわらず、クレジットカード利用がキャッシュでの支払いよりもお得になる理由はいったいどうしてでしょうか。

クレジットカードが持っている現金払いにはないメリット・特性として、以下の3点が挙げられます。

  • クレジットカード支払いにより、ポイント(あるいはマイル)が貯められる
  • クレジットカードには海外/国内旅行傷害保険が付帯していて、旅行の際の万が一に備えられる
  • クレジットカード会員限定の優待サービスを受けることができる

年会費無料のクレジットカードが上記の機能を持っていれば、無料でこれらのメリットを受けられることになります。さらにその機能が優れていればいるほど、お得に利用できることになります。

ポイントを貯める際、ポイント還元率がよければ、それだけポイントが貯まりやすくなり、貯まったポイントはキャッシュバックしたり、商品券や商品の購入に利用したりできますし、年会費無料でありながら保険が付帯していれば、何かあった際にその保険を利用できます。

付帯している優待サービスも同様で、年会費無料のクレジットカードに商品を割引価格で購入できる割引優待などが付帯していれば、それを活用することができます。

ただし、年会費無料クレジットカードに付帯している旅行傷害保険に関していえば、クレジットカードにもよりますがあくまで年会費は無料のクレジットカードに付帯している保険であるため、年会費がかかるクレジットカードと比較した際にそのスペックは劣ります

ですから、付帯保険を目的として永年年会費無料のクレジットカードを持つことはあまりおすすめしませんが、自分の持っているクレジットカード、あるいは自分が持つ予定であるクレジットカードに旅行傷害保険が付帯しているのかいないのか、しているのであればどんな補償内容なのか、どんな条件で保険が付帯するのかを知っていれば、万が一の際にその補償を受けることができますので、頭の片隅に置いていただけると良いと思います。

たとえば、元祖高還元率クレジットカードとして有名な楽天カードは、年会費はもちろんずっと無料でありながら、海外旅行傷害保険が最大2,000万円付帯しています。

海外旅行中に病気やケガ、疾病治療費や賠償責任、携行品損害も補償してくれますが、この保険が付帯されるには条件があります。

楽天カードの定める海外旅行傷害保険付帯の条件

(楽天カード公式ホームページより)
楽天カード会員様は、日本を出国する以前に、公共交通乗用具(*1)または募集型企画旅行(*2)の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。

*1 公共交通乗用具とは
航空法、鉄道事業法、道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運用される航空機、電車、船舶、バス、タクシーなどをいいます。(当該旅行のために乗用するものに限ります。)
*2 募集型企画旅行とは
旅行会社が旅行者の募集のためにあらかじめ、旅行の目的地及び日程、旅行者が提供を受けることができる運送又は宿泊のサービス内容並びに旅行者が旅行会社に支払うべき旅行代金の額を定めた旅行に関する計画を作成し、これにより実施する旅行をいいます。
詳しくは旅行代理店にご確認下さい。(引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)

(楽天カード公式ページより引用)

どうしても現金で支払いたいという理由でもない限り、海外旅行は高額になってくるのでクレジットカード払いをする方が多いと思います。
楽天カードを利用するだけで、旅行中に保険がつくのであれば、とてもお得ですよね。

ここでは、ポイント還元率・付帯サービス別におすすめの年会費永年無料クレジットカードをみていきましょう。

年会費永年無料クレジットカードを発行するクレジットカード発行会社のメリットとは?
年会費を無料にすると、その分発行元であるクレジットカード会社には利益は入りません。ではなぜ、それでも年会費を永年無料にするのでしょうか。

年会費を集めることによって得る利益がなくても、「年会費無料」という理由で新しい顧客を囲い込めるのであればあるだけ、そのクレジットカード会社にとっては利益になります。
顧客が増え、一人ひとりの利用額が増えれば、もちろんクレジットカード発行会社のクレジットカード加盟店からの手数料収入も増えることになり、メリットになるのです。

ポイント還元率が断然良い年会費無料のクレジットカード

楽天市場経由でポイント還元率がアップする楽天カード


年会費:永年無料

★ネットから派生しネットショッピング系カードの代表格となりつつある「楽天カード」。


楽天カードは、日本でも海外でも、何を買っても常に1%のポイント還元(楽天スーパーポイント)を受けることができます。

楽天市場をはじめとする楽天グループ経由での買い物ならポイントが2倍になるので、楽天市場をよく利用する方には非常におすすめです。

また、ポイントがお得に貯まるキャンペーンをしょっちゅう行っているので、ポイントをがっつり貯めたい方、普段から楽天で買い物をしている方には非常におすすめのクレジットカードです。

電子マネーである楽天Edy機能つき楽天カードなら、楽天市場ほかでゲットした楽天スーパーポイントをそのまま楽天Edyにキャッシュバックできます。

その他の特筆すべきスペック
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで利用付帯

誕生月はポイント5倍、誕生月が最強にお得になる「ライフカード」


年会費:永年無料

★誕生月はポイントが5倍の還元率2.5%!年会費無料だから、誕生月カードとして持つこともできる!


ライフカード誕生月のポイント還元率が5倍になる、夢のようなクレジットカードです。

通常であればポイント還元率は0.5%なので、決してポイント還元率が良いカードとはいえませんが、誕生月に限定して、ポイントが5倍の2.5%までアップし、数あるクレジットカードのなかでも最強の還元率を誇ります。

大きな買い物をする予定がある方や車検が控えている方などは、誕生月まで我慢してライフカード払いすれば、ポイントがお得に貯まります。年会費はもちろん永年無料です。

溜まったポイントはマイルや楽天スーパーポイント、電子マネーなどにも交換できます。普段の5倍速でポイントがつけば、お得感もひとしお。年会費無料なので、ポイントが5倍になる誕生月のために1枚持っても、わるくはありません。

その他の特筆すべきスペック
  • ETCカード無料発行、年会費も無料

オンラインモール利用でポイントアップが可能!「Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)」


年会費:無料

★オリコモール利用でポイント加算!さらに入会後半年はポイント還元率が2%。貯めたポイントの使い道も豊富でうれしいカード。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は、「ザ・ポイント」の名にふさわしく、オリコの運営するオンラインモールである「オリコモール」を経由するだけで、通常のボーナスポイント(最大15%)加え0.5%のオリコモール利用分のボーナスポイントがもらえ、ポイントアップできます。

通常時のポイント還元1%+オリコモール利用によるボーナスポイント0.5%の1.5%が最低限保証され、さらに特定ショップそれぞれのボーナスポイントがゲットできます。

さらに新規入会後半年間は、入会特典として通常のポイント還元率がなんと2.0%になるのも魅力です。
(※ただし、獲得可能上限ポイントは1万ポイント)。

その他の特筆すべきスペック
  • ETCカード無料発行、年会費も無料

優待割引が充実している年会費無料のクレジットカード

使える割引特典満載「エポスカード」


年会費:永年無料!

★マルイでの利用でポイント還元率UP、さらにレジャー施設やレストラン、居酒屋でかなり使える優待割引アリ!

ポイント還元率は通常時に0.4~0.5%、マルイでの利用でポイントが2倍の0.8%~1.0%になり、マルイで利用する際を除いては高還元ではありませんが、このカードで注目してほしいのは、充実した優待サービスです。

まず、年会費無料にもかかわらず、海外旅行傷害保険が最高500万円まで自動付帯しています。

そして、全国5,000店舗のレストランやホテル・レジャー施設で優待サービスが受けられます。
魚民ロイヤルホスト大江戸温泉物語はじめ富士急ハイランドハウステンボス入場料も割引等の優待特典があり、使える割引特典が満載です。

カラオケのシダックスに至っては、ルーム料金30%オフ+エポスカードの利用でポイントが5倍。年会費無料でありながら、驚くべきサービス満載です!アクティブな方にはおすすめの1枚です。

その他の特筆すべきスペック
  • 海外旅行傷害保険(海外旅行保険)が自動付帯
  • 即日発行に対応

毎月会員だけがお得になる優待割引を実施している「イオンカード」


年会費:永年無料

★とにかくイオングループでお得!優待割引&ポイント倍増日で、普段の買い物が節約できるのはこのカードにおいて右に出るものナシ!

イオンカードは、イオンマックスバリュダイエーをはじめとするイオングループでの利用で会員限定の優待割引を受けることができます。

もちろん年会費は無料なので、タダで割引を受けられることになり、かなりお得です。
また、ショッピングでの利用でポイントも獲得できるので、ダブルでお得です。

その他の特筆すべきスペック
  • ETCカード無料発行、年会費も無料。さらにETC車両損傷お見舞金制度が付帯
  • …ETC車両損傷お見舞金制度とは…ETCゲートで開閉バーに衝突し、車両を損傷した事故に対し、年1回一律5万円の見舞金を支払ってくれます。

Tポイントとのタッグでよりお得なクレジットカードライフを可能にしたYahoo! JAPANカード


年会費:永年無料

★Yahoo!ショッピングはじめYahoo!のサービスを利用する方には朗報!ポイント倍増&Tポイントが貯まるので、使い道も非常に豊富。


2015年4月に登場したのが新Yahoo! JAPANカードです。
(2015年3月31日をもってYahoo!JAPANカードSuica、Yahoo!JAPAN JCBカードの入会申し込みの受付は終了しています。)

通常時のポイント還元率は1%ですが、Yahoo!ショッピング経由で、ポイントがなんと3倍(1%→3%)貯まります。

Yahoo! JAPANカード利用で得られるヤフーポイントと日本最大規模のポイントサービスであるTポイントが統合されたため、ポイント移行先は抜群に豊富になり、ネット&リアル店舗合わせて8万店
での利用が可能です。

さらにTTモールを経由して買い物すると、それだけで0.5%のポイントが上乗せされます。TポイントはSuicaやANAマイルへのポイント変換も可能です。

その他の特筆すべきスペック
  • ショッピング保険が付帯

クレジットカード入会時の「新規入会キャンペーン(新規入会特典)」も見逃せない

新規入会キャンペーンは、クレジットカード会社の「先行投資」

クレジットカードによりますが、入会時にポイントがもらえる新規入会キャンペーン(新規入会特典)を行っていることがあります。

クレジットカード会社にとって、顧客獲得時の新規入会キャンペーンは「先行投資」のようなもの。

クレジットカードのサービス内容や新規入会キャンペーンに惹かれた人が、実際にクレジットカードを申し込みその後優良な会員になってくれれば、クレジットカード会社としてはそこで利益を得ることができます。

なので、各クレジットカード会社争うようにしてさまざまな新規入会キャンペーンを用意しています。
具体的な例を挙げると、クレジットカードは年会費無料にも関わらず、ポイントやマイルのプレゼント、キャッシュバックや入会時から期間限定でポイント還元率アップなどです。

入会キャンペーンは、一時期だけ行っているクレジットカードもあれば、常時行っているクレジットカードもあります。

楽天カードの場合、5,000円相当、もしくはそれ以上のポイントがもらえる入会キャンペーンを常時開催しています。

お得なキャンペーンが満載なので、気になるクレジットカードがあればマメにホームページをチェックしてキャンペーン情報を見逃さないようにすると良いでしょう。

新規入会キャンペーン目的のクレジットカードの入会は避けたほうが懸命

ただし、新規入会時の特典目的でクレジットカードの入退会を繰り返すことは避けたほうが賢明です。

クレジットカード会員のクレジットカード利用履歴(クレジットヒストリー)や契約内容を保管している個人信用情報機関では、個人のクレジットカード申し込み履歴も残っていきます。

入退会を繰り返すことはクレジットカード利用履歴にネガティブな影響を与えることになり、本当にほしいクレジットカードが現れたときに、入会を断られる…という結果にもなりかねません。

新規入会キャンペーンのなかには非常にお得で見逃せないものがたくさんありますが、キャンペーンだけにとらわれて、自分の実生活であまり活用できないクレジットカードを手に入れても、宝の持ち腐れになってしまいます。

自分で持ちたいと思うクレジットカードを何枚かピックアップしたら、そのうえで新規入会特典を見比べるというスタンスで望むのがベターです。

ETCカードは、永年年会費無料カードの追加カードとして発行するとお得

永年年会費無料のクレジットカードのなかには、ETCカードを発行しているものもあります。

この場合、ETCカード発行・年会費ともに無料であれば、ETCカードも追加カードとして無料で持つことができます。

年会費無料クレジットカードを作るデメリット

人間の心理として、同じもので無料のものと有料のものがあれば「無料はどこか劣っているのでは?」と思いがちです。

しかし、そんなことはありません。
たしかに年会費のかかるクレジットカードは、よりきめ細やかなサービスやお得な特典が受けられるというメリットもありますが、無料だから悪いということはなく、そこは選び方・使い方次第といえるでしょう。
年会費無料のクレジットカードを作るデメリットは特にないといえます。

ただ、むやみやたらに何枚も何枚も年会費無料のクレジットカードを持っても、個人一人が使える額には限度がありますから、厳選したクレジットカードを持つようにしたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめカード3選

楽天カード

楽天カード
【とにかくお得!】ポイントが常に1%還元、楽天市場利用で2%!元祖高還元率カードといえば、このカード

楽天グループでのネットショッピングでポイント2倍!ポイントがどんどん貯まるのを実感できる!

獲得したポイントは、楽天のサービス内で1ポイント=1円として自由に利用可能!

貯まったポイントが使える場所が、ネットのみならずリアル店舗にもどんどん進出中!

ポイントがどんどん貯まる、元祖高還元率カードといえば、楽天カードです。
普段のショッピングや海外での楽天カード利用で、ポイント還元率は1%。還元率0.… 続きを読む »

Orico Card THE POINT(オリコザポイント)

Orico Card THE POINT(オリコザポイント)
年会費は無料、ポイント還元率はつねに1%以上。
ポイント還元率重視で選びたい方におすすめの1枚

オリコモール経由でポイント還元率が格段にアップ!

さらにオリコモール経由ででボーナスポイントが0.5%加算される

入会後半年はポイント還元率が2%!

ポイント還元率重視でクレジットカードを選びたい方には非常におすすめの1枚。年会費無料&高還元の2拍子がそろっています。

シンプルに、「ポイントをた… 続きを読む »

ライフカード

ライフカード
誕生月にはポイント5倍!年会費も無料で持っていて損はない1枚

【ポイントUPマジックその1】誕生日のある月はポイント5倍!脅威のポイント還元率

【ポイントUPマジックその2】新規入会後1年間と年間50万円以上の利用でポイント還元率1.5倍!

年間50万円以上の利用で、1,500円相当のボーナスポイントがもらえる!

ライフカードを語るうえではずせないのが、なんといってもそのポイントプログラム。

通常時のポイント還元率は0.5%と決して高還元カードではあ… 続きを読む »