クレ家をフォロー
HOME > とにかく”お得なカード”にこだわりたい方 > 選ばれし者だけのラグジュアリーな世界へようこそ。ゴールドカードの魅力と選び方のコツ

選ばれし者だけのラグジュアリーな世界へようこそ。ゴールドカードの魅力と選び方のコツ

最終更新日:2016/04/20

kodawari_gold
年会費こそ多くかかってしまいますが、ゴールドカードには、持った人にしかわからない魅力があります。

特に、旅行へよく行く方にとっては、ゴールドカード以上のクレジットカードを1枚持つと、さまざまな優待サービスを利用することができ、非常に快適です。

ここではゴールドカードの魅力を明かしていきましょう。

ゴールドカードとは?一般カードとの違いは何?

「ゴールドカード」。
その響きだけで、なんだかウットリしますよね。でも、そもそもゴールドカードっていったいどういったクレジットカードなのでしょうか。

普通のクレジットカードと、何が異なるのでしょうか。

ゴールドカードは、一般のカード(一般カード)をさまざまなサービス面でアップグレードさせたクレジットカードです。

年会費こそ普通のクレジットカードよりも高く設定されていますが、その代わり細やかで上質なサービスが付帯しているのが特徴です。

しかし、同じゴールドカードといっても、そのサービス内容はクレジットカード会社によって、クレジットカードによって千差万別。せっかく持つのであれば、自分自身に合った、価値のある1枚を選びたいものです。

ゴールドカード以上のクレジットカードの優待サービスを具体的にあげると、以下のようなサービスがメインになります。

ゴールドカード以上のクレジットカードの優待サービス

  • 空港ラウンジが利用できる
  • 航空便遅延保険が付帯している
  • ホテルやレストランで優待サービスが受けられる
  • 海外旅行・国内旅行傷害保険の補償額が高くなる
  • ポイント還元率がアップする
  • 提携しているレストランでさまざまな優待サービスを受けられる
  • 専用デスクやコンシェルジュが対応してくれる

ひとつずつ、詳しいサービス内容をみていきましょう。

空港ラウンジが利用できる

ラウンジには、「航空会社系」と「非航空会社系」がある

ゴールドカードの優待サービスのひとつが、空港のラウンジ利用です。

一口に「空港ラウンジ」といっても、「航空会社系」と「非航空会社系」のふたつに分かれています。

航空会社系」はその名のとおり、「ANAスイートラウンジ」、JALの「サクララウンジ」など、航空会社が運営するラウンジになり、ファーストクラスやビジネスクラスの乗客のために、航空会社が用意しているものです。この「航空会社系」を利用するためには、ファーストクラスやビジネスクラスを利用するか、航空会社系クレジットカードの上級会員になる必要があります。

一方で「非航空会社系」は、ファースト、ビジネス、エコノミー各クラスに関係なく、ラウンジの使用権が付帯しているクレジットカード保持者であれば、搭乗券と対象のクレジットカードを提示して利用することができます。

ただし、航空会社系ラウンジと比べてサービスは劣り、航空会社系では無料の場合がほとんどのアルコール類も、こちらは有料となることがほとんどのようです。

「プライオリティ・パス」を取得すれば、世界700箇所のラウンジが利用可能

プライオリティ・パス

プライオリティ・パス」とは、世界中120カ国以上400空港にある700箇所の空港ラウンジが利用できる会員制カードです。

「プライオリティ・パス」のホームページから申し込んで利用資格を得ることも可能ですが、「プライオリティ・パス」への登録を付帯特典としているクレジットカードに申し込めば、それだけで対応している空港ラウンジが利用できます

楽天プレミアムカードの場合、年会費10,000円(税抜)で「プレステージ会員」になることができ、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの場合は、21,000円でプレステージ会員になることができます。


年会費:本会員:10,500円(税込み) 家族会員:5,250円(税込み)

★プライオリティ・パスの最高ランクサービスが付帯でこの年会費!ほかにもお得で実用的な特典がもりだくさん。

航空便遅延保険が付帯している

航空便遅延保険」とは、航空便の遅延や欠航、預けた手荷物の配達遅延や紛失などで負担した費用を補償してくれるものです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、飛行機利用時の万が一の場合に備えて、さまざまな保険が充実しています。

年会費:27,300円(税込)

★空港でも、滞在先のホテルやレストランでも。さまざまな保障サービスや優待サービスで特別感を味わえる、大人の1枚。

航空便遅延保険は、大きく分けて4つに分類されます。

航空便遅延保険の内容

  • 乗継遅延費用

旅行期間中、航空便を乗り継ぐ場合において、到着便の遅延によって搭乗することができなかった場合、負担した食事代や客室料金を補償

  • 出航遅延・欠航・搭乗不能費用

旅行期間中、搭乗予定の航空便が出航遅延・欠航/運休などにより搭乗できなかった場合、負担した食事代などを補償

  • 手荷物遅延費用

旅行期間中、航空便に預けた手荷物が遅延した場合、被保険者が負担した必要不可欠な衣類(下着など)や生活必需品の購入費用や賃貸費用を補償

  • 手荷物紛失費用

航空便が遅延した場合、被保険者が負担した必要不可欠な衣類や生活必需品の購入費用や賃貸費用を補償

なお、この保険は「国内航空便」と「海外航空便」に分かれていて、「海外旅行の場合は自動付帯だが、国内旅行の場合は利用付帯」などと条件つきであることがあるので、事前に確認するようにしましょう。

ホテルやレストランで優待サービスが受けられる

ゴールド以上のクレジットカードでは、ホテルやレストランでも優待を受けられるサービスが付帯したものがほとんどです。

T&E(トラベル&エンターテイメント)カード」の代表格が、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。
1枚持っていれば、ホテルやレストランの価格割引優待を受けることができます。

アメリカン・エキスプレスは日本国内のみならず、世界中でホテル・レストランにおける優待サービスにめっぽう強いので、海外に旅行する機会の多い方であれば、1枚持っているとより快適な旅、特別な旅になること間違いなしの1枚です。

年会費:27,300円(税込)

★ステータス・カードを代表する一枚。より快適かつラグジュアリーな旅を求める方へ。

海外旅行・国内旅行傷害保険の補償額が高くなる

一般クレジットカードの場合、旅行傷害保険は付帯していたりしなかったりクレジットカードによってまちまちですが、ゴールドカード以上のクレジットカードになってくると、高額の旅行傷害保険が付帯していることがほとんどです。

また、補償される対象がクレジットカード会員本人だけでなく、その家族も補償してくれるカードもあります(家族特約)。一般カードには基本的にこのようなサービスは付帯していません。

年会費:税抜10,000円+税(初年度無料)※最大で4,000円(税抜)までの割引あり

★安心と信頼のブランド・三井住友のゴールドカード。万が一の際は家族もカバーしてくれる家族特約が付帯

ポイント還元率がアップする

ゴールドカード以上のクレジットカードは、一般のクレジットカードよりもポイント付与率が高くなる、ポイントからマイルへの交換レートがお得になるなどの優待があります。

年会費:本会員:10,500円(税込み) 家族会員:5,250円(税込み)

★高還元率を誇る楽天カードがプレミアムカード会員ならさらにお得!ほかにも使えるサービスが大充実。


一般的にゴールドカードの年会費は、平均して1万円あたりが相場ですが、サービス内容が充実しているため「年会費の支払いは苦にならない」という方が大半のようです。

提携しているレストランでさまざまな優待サービスを受けられる

一流レストランで優待を受けることができるサービスです。

アメリカン・エキスプレスはこの分野に関してピカイチ

ここでもやはり、アメリカン・エキスプレスのサービスは他の追随を許しません。
たとえば、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの場合、会員専用のウェブサイトゴールド・ダイニングby招待日和から所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分のコースが無料になります。

ダイナースクラブカードも、グルメの特典が充実している

また、ステータスカードとしての位置を確立しているダイナースクラブカードもグルメ特典が充実しています。

年会費:22,000円(税抜)

★アメリカン・エキスプレスとならぶT&Eカード代表格。レストランでの気の利いたサービスで顧客を魅了するクレジットカード。


ダイナースクラブカードに付帯しているユニークなサービスとしてはダイナースクラブ・サイレンス・スタイルがあります。
これは、専用デスクに電話してレストランを予約しておくと、当日はクレジットカードの掲示もサインも不要、お会計をその場ですることなく帰ることができるサービスです。
当日利用した金額は、後日決済されます。

会計の場面が発生しないので、一緒に食事をする人に気を遣わせることなく、スマートに食事ができます。

また、ダイナースクラブが提供しているエグゼクティブ・ダイニングでは事前の予約でアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード同様、1名分のコースが無料になります。

何かあったら、専用デスクやコンシェルジュが対応してくれる

会員に代わって、ホテルやレストランの予約やチケットの手配などをしてくれるサービスです。

年会費が高くなれば、専属のコンシェルジュがついてくれて、サービスがより手厚くなる傾向にあるようです。

専用デスクのサービスは、どのクレジットカードも同じ?

一概に専用デスクといっても、クレジットカードによってそのスタンスはまちまちです。
また、ゴールドカードのうえをいくプラチナカードやブラックカード、どのカードを持っているかでもサービス内容は異なってくるので、一概に判断はできません。

どれが優れている、ということはありませんが、年会費やほかの付帯サービスも参考にしながら、自分にあったものを選ぶと良いでしょう。

若者向けのゴールドカードはある?

ゴールドカード入会を考えている方の場合、入会時の条件として「30歳以上で、本人に安定した収入のある方」という記載がされているのを見ることも多いのではないでしょうか。

ゴールドカードの場合、一般カードよりも高額の年会費がかかる分、入会時の条件はもちろん、審査も厳しく設定されています。

では、30歳以下の若者におすすめのゴールドカード(ヤングゴールドカード)はあるのでしょうか。
20代であっても、ゴールドカードを持つことは可能なのでしょうか。

三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代専用のゴールドカードです。
30歳になれば、最初の更新時に自動的に三井住友VISAゴールドカードの切り替わります。

年会費:税抜1,500円+税~税抜5,000円+税
(家族会員:1人目無料、2人目から1,000円(税抜))
※初年度年会費無料

★20代で持てるゴールドカードといえばこれ!ゴールドカードの風格漂うデザイン、30代になれば自動的に三井住友VISAゴールドカードに切り替わる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめカード3選

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD (オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD (オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)
年会費たった1,950円で高還元と質の良い特典を実現させたクレジットカード

年会費1,950円ながらゴールドカードのサービスが受けられる

ポイント交換先がとにかく豊富なので、ポイントを持て余さない!

オリコモールでの利用でポイント還元率がアップ

ポイント還元率の高さからクレジットカード業界の話題をさらったOrico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)をさらに進化しバージョンアップ… 続きを読む »

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード
信頼性抜群のVISAゴールドカード!

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険は最高5,000万円(合計)まで付帯

最高300万円のショッピング補償

前年度利用額に応じてボーナスポイントがもらえる

日本初のVISAカード発行ブランドとして抜群のステータスを持つ「三井住友VISAカード」のゴールドカード。
抜群のステータス性はもちろん、数々の付帯保… 続きを読む »

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
海外旅行傷害保険が最大1億円付帯。旅行をするならぜひとも持っていたい1枚

最高1億円の海外旅行傷害保険が利用付帯

海外旅行をより快適で贅沢なものにしてくれる航空系サービスが充実

世界中の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス・メンバーシップに無料登録できる

年会費は29,000円と普通のゴールドカードの倍の値段ですが、サービス内容が充実しており、満足できる1枚です。

アメリカン・エキスプレス(… 続きを読む »